最上階の生コン打ち・・・RC西宮モデルハウス建築日記

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

※西宮展示場リポート 第1回目はこちらから
西宮に新しい「RCの家」モデルハウスがオープンします!!


最上階の生コン打ち・・・RC西宮モデルハウス建築日記


「ブウーーーン」
「トントントントン」
「カンカンカンカン」

最上階のペントハウスの生コン打ちが始まりました。
バイブレーターとあちこちで型枠を叩く木づちの音が響いています。

西宮モデルハウスのコンクリート打設も今回が最終回となりました。
今回も展示場スタッフの沖田と松田が参加してきました。


この日は気温も高く、快晴で絶好の打設日和になりました。
西宮モデルハウスは2階建+ペントハウス階。
けっして高層の建物ではありませんが、最上階に上がると
まわりの景色が一変します。


西宮モデルハウス屋上階より臨む

北西方向には遠くに六甲山系を望むことができます。

 

この日の打設部位は、ペントハウスの壁と屋根、屋上部分の立ち上がり手摺です。
ミキサー車5台分、合計で17.5立米の打設計画です。


壁部分打設 コンクリートを落としこみ


始めに壁部分の打設をおこないました。
屋根上部から壁型枠内に圧送されたコンクリートを落としこみます。

隅々にまでコンクリートがまわるように、
上階ではホース状のバイブレーターを壁に挿入して振動させ、
下階では数名が型枠を叩きながら作業が進みます。


壁部分打設 コンクリートを落としこみ②


壁が完了すれば、休む間もなく屋根へと作業は続きます。


屋根部分コンクリート打設

天候にも恵まれ、RC躯体工事の最終回となったコンクリート打設は
正午過ぎには予定通り終了しました。

 

新しいモデルハウスは5月初旬のオープン予定です。
上階のコンクリート打設と並行して、下階では型枠の脱型が始まっています。


下階 型枠脱型


型枠脱型後RC壁

いつもながらきれいなコンクリートの打ち肌を見ると、うれしくなります。

 

「コンクリート住宅は強い」

私たちは当たり前に知っているはずなのですが、こうしてむき出しのコンクリートに囲まれると
「やっぱり違うよなあ」と感じてしまいます。

皆さんにもこの感覚をぜひお伝えしたいのです。

この週末に構造見学会を開催します。
RC住宅の「安心」を体感してみてください。
  
   
※前回の記事はこちらから→2階RC NEWモデルハウス 構造見学会を開催します!
※続きはこちらから→RCでしか実現できない空間があります・・・構造見学会開催中!

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。