まもなくオープン1周年!・・・昨年の今ごろはまだ工事中でした【階段編】

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

3月も後半になり、日に日に春を感じるようになってきました。
RCギャラリー西宮の正面に植えているハヤテツツジも美しい花を咲かせました。


ハヤトミツバツツジ3月

 

中庭では、苔のじゅうたんからナルコユリの芽が出始めました。

ナルコユリの芽3月


モデルハウスの木々たちをよく見ると、秋から冬にかけて落葉した枝先に
小さなつぼみがふくらみ始めています。

神戸の桜の開花予想は3/29。
行楽やスポーツと、何をするにも最高の季節になりました。

 

ちょうど一年前のこの時期・・・

 

鉄筋コンクリートモデルハウス「RCギャラリー西宮」では
5月のグランドオープンを目指して、現場では急ピッチで工事がおこなわれていました。

そこで、一周年を迎えるにあたり、当時数多くの職人さんたちの手によって
どんどん出来上がっていくモデルハウスの様子を、数回に渡ってもう一度振り返ってみたいと思います。

今回は【階段編】です。

RCギャラリー西宮には階段が2つあります。

ひとつは事務所棟にある屋外階段。
まだ鉄筋を組んでいる途中はこんな状態でした。


2016年3月RCギャラリー西宮 事務所棟外階段工事中


鉄筋が組み上がり、コンクリート打設を前に型枠を組んだ様子はこちら。

2016年3月RCギャラリー西宮 事務所棟外階段工事中②


コンクリートが固まって、型枠を外すとようやく階段らしい姿が見えました。

2016年3月RCギャラリー西宮 事務所棟外階段 脱型


タイルを貼って、手摺を取り付けると完成です。

2016年3月RCギャラリー西宮 事務所棟外階段 完成

 

この屋外階段のコンクリート打設には、私も現場におりました。

2016年3月RCギャラリー西宮 屋外階段のコンクリート打設


隅々にまでコンクリートを流し込むには、現場のみなさんのチームワークが必要なことを
あらためて感じたことを思い出します。

 


モデルハウスのもうひとつの階段は、リビングにあるデザイン階段です。


2016年3月RCギャラリー西宮 モデルハウス棟階段


途中の三段は奥のコンクリート壁から持ち出すような納め


この階段の下地は鉄骨で作っています。
廻り階段なのですが、途中の三段は奥のコンクリート壁から持ち出すような納めになっています。

コンクリート構造だからこそできる納め方なのですが、踏み板を強固に取り付けるために
あらかじめコンクリート打設前に鉄骨プレートを型枠内にセットしておきます。


あらかじめコンクリート打設前に鉄骨プレートを型枠内にセット


このプレートに厚みのある踏み板下地プレートを溶接します。


プレートに厚みのある踏み板下地プレートを溶接


「この階段、素敵ですねえ」


いろんな階段がある中で、とても手間のかかる納め方だったのですが、

「この階段、素敵ですねえ」

来場された多くの方から、そんなうれしい声をいただいております。

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。