遠くからでもハッキリ見えます!・・・LED照明看板を設置しました

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

オープンからもうすぐ一年を迎えるRCギャラリー西宮。
これまでたくさんの方にご来場いただき、RC住宅の魅力を体感していただきました。

ところが171号線が大きくカーブする場所にあるからなのか、
「いつも前を車で通っているけど、モデルハウスだと気が付かなかった」
なんて声もしばしば耳にすることもあります。

 

RCギャラリー西宮案内図


そこで山手幹線や国道2号線から来られたお客様からも、すぐに場所が分かるようにと
建物の南面にLED看板を設置することにしました。

 


看板は見やすいように、道路側の建物上方に取り付けます。

モデルハウスと隣地マンションの空きスペースは約60cm。
看板設置の前日に、まずは足場屋さんに仮設足場の設置をお願いしました。


仮設足場の設置 RCギャラリー西宮


モデルハウスと隣地マンションの空きスペースは約60cm

 


足場も設置して準備が整い、看板業者さんがやってきました。


何やら大きな木箱が搬入


見ると、何やら大きな木箱が搬入されています。

近づくと、「Fedex」の文字。
どうも外国からやってきたようです。


RCギャラリー西宮の看板はタイからやって来ました


看板を発注してから、製作に約3週間程度かかるとのことでしたが、
よくよく聞いてみると、こうした電飾看板のほとんどは人件費の安い海外で作っているそうです。

RCギャラリー西宮の看板はタイで作られていました。

 


今回の看板は箱文字の内部にLEDが仕込んであって、文字自体が光るタイプです。
街中いたるところでよく見かけますが、工事の様子を見るのはこれが初めて。

興味津々で作業の様子を見ていました。


LED看板 取付作業風景①


LED看板 取付作業風景②


一文字の大きさは約35センチ程度です。
文字の裏側にはこんなふうにLED照明がセットされています。


LEDのセットが終われば、立体枠にはめ込みます。


LED看板 取付作業風景③


朝一番で始まった作業は15時には終了しました。

 

出来栄えはこんな感じ。


LED看板 取付完了


これなら南方面のお車からもよく見えるはずです。


そして夜になると・・・


LED看板点灯


写真では白っぽく見えていますが、実際は青く光っています。

 


今回の看板設置ですが、オープン前にも話は出ていたのですが、
結局、「様子を見てみよう」と保留になっていました。

家もモデルハウスも、しばらく使ってみて気付くことがたくさんあります。
皆さまもお住まいでお気づきの点は、どんどん私どもにご相談ください。



※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら

※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。