「やっぱり違うわぁ!」・・・本当に美味しい珈琲の淹れ方を学びました。

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

みなさん、こんにちは。
RCギャラリースタッフの沖田です。

今回のRCギャラリーイベントは
「焙煎士が教えるハンドドリップ講座」

コーヒー党の私もとても心待ちにしていた回です。


今回のRCギャラリーイベントは「焙煎士が教えるハンドドリップ講座」


講師は宝塚の焙煎工房 みさご珈琲の店主、向井さん。
向井さんの講座は今回が3回目。
毎回定員を上回る申込みをいただく人気講座となっています。

今回はハンドドリップ講座の他、向井さんが開発されてこの夏より本格販売予定の
炭酸珈琲「玄武GEMB」の試飲会もあります。


この夏より本格販売予定 炭酸珈琲「玄武GEMB」の試飲会

 

 

「玄武」を提供するサーバーとボンベも運び込まれました。


イベント会場となるRCギャラリーのキッチンには、
「玄武」を提供するサーバーとボンベも運び込まれました。
さて、みなさんの反応はいかに・・・

 


毎月開催しているRCギャラリーイベントですが、
その内容によって参加いただく方の年齢層や男女比は若干異なります。

前回の「フルーツカッティング&フルーツハーブティー」では
30代、40代の女性が多かったのですが、今回は男性も2名ご参加いただきました。


今回は男性もご参加いただきました


焙煎士が教えるハンドドリップ講座&炭酸珈琲「玄武」①


今回の講座では、みさご珈琲さんで焙煎された3つの銘柄の中から、
お好きなひとつを選んでいただき、淹れ方を実践していただきます。


3つの銘柄からひとつ選択


本日の銘柄


それぞれの特徴についてレクチュアを受けた後、実際に香りを嗅いだり、噛んでみたりして
好みのひとつを選んでいただきました。


実際に香りを嗅いだり噛んでみたりして選んでいただきました


挙手で好みを聞くと、見事に3つの銘柄に別れたのでした。


挙手で好みを聞くと見事に3つの銘柄に別れたのでした

 


それではみなさんにハンドドリップを実践していただきます。
その前に向井さんからお手本を披露。

いろいろと淹れ方のコツはあるそうですが、
まずはお湯の温度。

ネットを見ると、味の調整に関していろんなことが書いてありますが、
向井さん曰く、お湯は基本85℃で淹れるそうです。


お湯は基本85℃で淹れるそう


沸騰したお湯を85℃にするテクニック


沸騰したお湯を85℃にするテクニック。
電気ケトルからサーバー → ポット → サーバー → ポット
を繰り返すと、ほぼ85℃になります。

家で実践し、実際に湯温を計ってみましたが、確かに85℃近辺になっていました。


美味しく淹れるにはさまざまなコツがありますが、
教えていただいたいくつかをご紹介します。


お湯を注ぐ高さは低いほうが良いです。

お湯を注ぐ高さは低いほうが良いです。
高いところから注ぐと水圧が高くなって注いだ部分に圧力がかかり、
雑味や苦味が部分的に出てしまうそうです。


お湯を注ぐ半径で味の濃さを変えることができます

お湯を注ぐ半径で味の濃さを変えることができます。
蒸らし以降の注湯で、お湯を注ぐ範囲を広くすると味は濃くなり
逆に少なくすると味は薄くなりやすいそうです。


テーブルの回りに集まったみなさんは真剣そのもの

テーブルの回りに集まったみなさんは真剣そのもの。
向井さんの手元を注視されていました。


向井さんが淹れたコーヒーをみなさんで試飲いただきました

「うわあ、美味しい!」

みなさんで試飲「うわあ、美味しい!」


私もいただきましたが、自分が淹れるのとやっぱり(失礼!)違います。

 

今度はみなさんに淹れていただきました。

今度はみなさんに淹れていただきました①


今度はみなさんに淹れていただきました②


今度はみなさんに淹れていただきました③


今度はみなさんに淹れていただきました④

 

Q「うちで淹れると、こんなに豆が膨らまないんですが・・・」
A「焙煎後の日数が経って、豆の鮮度が落ちているからですよ」

美味しい珈琲を淹れるには、ハンドドリップのテクニックも必要ですが、
一番は焙煎の技量や豆の鮮度になるようです。

 


自分で淹れた珈琲をみなさんで試飲して飲み較べしました。


自分で淹れた珈琲をみなさんで試飲して飲み較べ自分で淹れた珈琲をみなさんで試飲して飲み較べ


同じ豆に同じ湯温と、条件は皆同じ。
それでも苦味が出たり、酸味があったりと3者3様のお味です。

「淹れる人によってこんなにも味が違うのか?」
と、みなさん驚かれていました。

 

淹れた後のドリッパーの様子や、匂いを嗅いでも、
その方の技量が分かるようです。

奥が深い・・・


淹れた後のドリッパーの様子や匂いでも技量が分かるようです

 

プロのハンドドリップ手法をしっかり学んだ後は
お待ちかねの炭酸珈琲「玄武GEMB」をいただきました!

炭酸珈琲「玄武GEMB」試飲会①


炭酸珈琲「玄武GEMB」試飲会②


炭酸珈琲「玄武GEMB」試飲会③


「なにこれ!めっちゃ美味しい!!」
コーヒー党のみなさんが唸っておりました。

夏の定番と云えばアイスコーヒーですが、この「玄武」はまったく別物。
その飲み心地を例えるなら「黒ビール」でしょうか?
ほんのり甘くて爽快感があって・・・
これまで経験したことのないフレーバーなのです。

8月頃から本格的に流通するとのことですが
現在はみさご珈琲さんの他、一部のお店で味わうことができます。

みなさんもぜひお試しください!


焙煎士が教えるハンドドリップ講座&炭酸珈琲「玄武」②

 



現在のイベント情報はこちらから↓
RCギャラリーイベントのお知らせ


※これまでのイベントに関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら

※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。