芦屋ビルトインガレージのあるRCの家・・・足場が外れました!

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


こんにちは、RCギャラリースタッフの松井です。

芦屋市内で、2月中旬の完成に向けて進行中のビルトインガレージのあるRC住宅の現場リポート、
年明け第一弾をお伝えします。


昨年末の段階では、まだ外装工事中で足場もシートもありましたが・・・


昨年末の段階では、まだ外装工事中

 

【1月14日】
外装工事も終わり、設計監理者の外壁検査にも合格したので足場解体に取り掛かりました。


1.14足場解体

 

ちなみに写真右の玄関上部のコンクリート杉板型枠の打放し部分は撥水材の塗布作業をおこなっています。


コンクリート杉板型枠打放部分:撥水材の塗布作業

 

【1月18日】
すっかり足場も外れ、建物外観全容が現れました。
※写真写りが悪くてすみません。


1.14足場解体

 

内部の様子です。

1階の部屋には、坪庭を切り取る地窓を設けています。
そのしつらえは弊社のインテリアコーディネーター・宮田女史があれこれと考えているようです。


坪庭を切り取る地窓

 

2階部分は鉄骨階段も据え付けられ、床はタイル貼り工事が進行中です。


床はタイル貼り工事が進行中

 

3階はただ今クロス工事の真っ最中です。
プラスターボードの継ぎ目やビス孔をパテ処理し、これから壁紙の糊付け機がフル稼働していきます。


3階はただ今クロス工事の真っ最中

 


完成まで残すところ1ヶ月程度となりました。
工事は佳境に入っていますが、現場の小林監督や職方さんたちは
「あせらず丁寧に」をモットーに、「胸を張れる仕事を!」と打ち込んでおります。


※前回の記事はこちらから→ 芦屋市で建築中・・・ビルトインガレージのあるRCの家
※続きはこちらから→ 芦屋ビルトインガレージのあるRCの家・・・アプローチ塀は杉板型枠の打放し!


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。