芦屋の家・・・お引渡し、そして家具搬入!

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


皆様、こんにちは。
RCギャラリースタッフの吉川です。

「一月往ぬる、二月逃げる、三月去る」
の言葉通り、気付けばあっという間に1月が終わろうとしています。

週末の土日は「節分」と「立春」
早く春めいた日がやってこないかな?と期待するのですが、
もうしばらくこの寒さは続くようです。
でも寒さにだけは負けないよう、今日も元気に走り回っています!


これまで工事中の様子をお伝えしてきた「芦屋の家」はいよいよお引き渡しとなりました。
建物の完成にあたり、この日は鍵のお引き渡しと引き渡し書類の説明をおこないました。


鍵のお引き渡しと引き渡し書類の説明

 


引き渡し書類には以下のもの含まれます。

・引き渡し書
・建築確認済証、検査済証
・瑕疵担保責任保険の付保証明書 
・住まいのしおり
・三和建設の保証書
・防水工事や設置した設備機器の保証書一式
・設備機器や建材の取扱説明書一式
etc・・・

「芦屋の家」は採用された住宅設備や機器類が多く、
保証書と取扱説明書だけで厚さ10センチほどのファイルが2冊分になりました。
これらをご説明の上、確認いただきお渡しします。

奥様もとてもお喜びの様子で、担当者としてはホっと安堵する場面です。
工事関係者に感謝のお言葉もいただき、
「この仕事をやっていてよかった!」と、心から思える時間でした。

 

バルコニー越しに望む、芦屋浜から大阪湾までのパノラマ眺望が圧巻


ユーロモビルのキッチンに立っていても、リビングで寛ぎの時でも、
バルコニー越しに望む、芦屋浜から大阪湾までのパノラマ眺望が圧巻です。

 


お引渡しも無事終わり、いよいよ家具が搬入されてきました。
こちらはご主人様がお気に召されてご購入されたダイニングチェアです。


いよいよ家具が搬入


私も座らせていただきましたが、美しいカーブを描く背もたれが背中と肘まで包むように
しっくりと馴染み、あまりの座り心地のよさに驚きました。

 


TVボードとソファーの組み立て


リビングでは、TVボードとソファーの組み立てが始まりました。


床にキズが付かないように、やわらかなマットを敷いての作業です。
大手家具メーカーさんですので、その手際はさすが。
よく連携が取れた動きに感心しておりました。

 


TVボードの搬入


別のお部屋ではTVボードの搬入がおこなわれていました。
こちらはとても重量のある家具だと事前に聞いていました。
階段を使って搬入されましたが、どこにも当てずに2階まで運び入れてくれた時は
思わず喜んでしまいました。

 


リビングのTVボードも据えつけ


リビングのTVボードも据えつけられました。
60インチ程のTVが納まるそうです。当たり前ですが、背面の仕切り壁との寸法もジャストです。

 


ソファーが座ると一気に部屋らしくなります


こちらは大きな5人掛けソファー。ソファーが座ると一気に部屋らしくなります。


結局、家具の搬入と・設置までに4時間程度かかりましたが、
無事にどの家具も予定通りに納まってホッとしております。
もちろん、家具屋さんも事前の下見はされていましたが、
実際に作業する人たちは大変そうでした。みなさん、ごくろうさまでした。
 

この後、2月初旬にはプロカメラマンによる竣工写真の撮影を予定しています。
お客様と一緒になって創りあげたこだわり空間は、ギャラリー(施工事例)でも紹介予定です。

どうぞお楽しみに!


※前回の記事はこちらから→ 芦屋の家・・・ユーロモビルのキッチンがやってきた! その②


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。