2018.03.12

毎日忙しい奥様のイチオシ!・・・ガス式衣類乾燥機「乾太くん」

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


こんにちは、RCギャラリースタッフの山田です。

最近、家を検討中のお客様(特に奥様)から、頻繁に名前があがる設備機器があります。


ガス式衣類乾燥機 乾太くん 大阪ガスHPより
大阪ガスHP「ガス衣類乾燥機 乾太くん」より引用”


それが「乾太くん」。
ガス式の衣類乾燥機です。


衣類乾燥機といえば、今や洗濯機と一体型のものが主流になっていますが、
こちらは洗濯機の上などに単独で設置する乾燥機です。
「乾太くん」は、大手ガス機器メーカーのリンナイ製で、
大阪ガス、東京ガス、東邦ガスさんでも取り扱っています。

立て続けに打合中の奥様3名よりご要望があったこの「乾太くん」。
どんなところが魅力なのか、人気の秘密を調べてみました。


まずはなんと言っても「時短」です。

約4人分の洗濯量となる5kgの洗濯物の乾燥時間を、電気式の全自動洗濯乾燥機(ドラム式)と
ガス式衣類乾燥機(乾太くん)とで比較してみると、約1/3の50分強で乾かす事ができます。


リンナイHPより引用
 “リンナイHPより引用”


全自動洗濯乾燥機以外にも、単体の電気式衣類乾燥機も人気がありますが、
ガス乾燥機に比べて出力が弱いので乾燥時間はやはり2~3時間かかってしまいます。

家事をこなす奥様は洗濯のほか、掃除に料理・育児と、一日があっというまに過ぎていくはず。
乾燥時間の早い「乾太くん」があると、他の家事をしている間に乾燥まで終えることも可能です。


また全自動洗濯機に比べてランニングコストが低く抑えられるのも魅力です。


大阪ガスHPより引用①
“大阪ガスHPより引用”


5kgの洗濯物の場合、全自動洗濯機は約169分、約72円/1回に対し、
ガス式は約52分、約38円/1回。

毎日使用すると、1ヶ月間(30日)のランニングコストは、
全自動洗濯機  約2160円
乾太くん    約1140円
と、約1000円分の差があります。
※数値は使用条件、地域、電気代、ガス代の変動により変わります。

ガス式は電気式の全自動洗濯機に比べて温風パワーが強い為、タオルがふんわり仕上がり、
天日干しと同レベルの除菌効果も人気の秘密のようです。

ちなみに・・・
布団やシーツの丸洗いでお世話になっているコインランドリーの乾燥機は「ガス式」だそうです。
短時間でたくさん乾かすには、「電気式」より「ガス式」のほうが有利のようです。


忙しい奥様に大人気のガス式衣類乾燥機「乾太くん」ですが、
採用するにあたっては少し注意が必要です。

コンセントがあれば設置できる電気式乾燥機とは異なり、
「乾太くん」を設置するにはガス配管と屋外への排湿ダクトの設置が必要です。


大阪ガスHPより引用②
大阪ガスHPより引用”


新築ならプランニングの段階で計画しておけば問題ないのですが、
洗面脱衣室や洗濯室への設置となると、ガス配管の取りまわしや外壁へのダクト開孔工事
が必要になります。またマンションなどの共同住宅ではガス工事自身が難しいことも多く、
設置が可能かどうか、購入前には注意が必要です。


花粉が飛ぶこの季節、そしてこれから迎える梅雨の時期など、
衣類乾燥機があるととても便利ですね!

これから導入をお考えの方の参考になりましたら幸いです。


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。