2018.11.30

家事シェア力 全国都道府県ランキングNO1は兵庫県

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


みなさん、こんにちは。
RCギャラリースタッフの沖田です。


ご報告です。
福知山マラソン、完走してきました!


2018年福知山マラソン


福知山マラソンは今年で第28回目を迎える由緒ある大会です。
フルマラソンは約8000人が参加し、紅葉真っ盛りの福知山を駆け抜けました。

地元の方の温かい声援にも励まされ、
おかげさまで念願のサブ4(4時間以内の完走)を達成することができました。

地元の声援もさることながら、当日朝の受付時にゼッケンと一緒にもらった
地元小学生の応援メッセージに、思わずウルウルっとなりました。


地元小学生の応援メッセージ


全力を出し切りましたよ!(笑)
今年、いい思い出が作れたのでまた参加してみたいと思います。

ある方が話しておられましたが、こうして元気にマラソンを走ることができるのは、
家族の協力があるからこそを忘れてはなりません。

先日11月22日は語呂あわせで「いい夫婦の日」でした。

この日の前に、民間会社がおこなった
「都道府県別の共働き夫婦の家事分担満足度」の調査結果が公表されています。

栄えある1位は、なんと兵庫県!

家事シェア ランキング


調査は10月に、20~40代の共働きで中学生以下の子どもがいる全国の核家族夫婦を対象に
インターネット上で実施。(9159人から回答)

家事分担比率について夫婦間の認識の差が少なく、
主に家事を担っている方の満足度が高いほど高得点となる仕組みだそうです。

兵庫県は8項目に分類した家事のうち、掃除や洗濯など5項目で1位。
総合の全国偏差値は約77で全国トップ。2位は岡山(偏差値約69)と静岡(同約65)。

ちなみにワースト3は、長崎(同約25)、青森(同約33)、佐賀(同約34)でした。


「でも、どうして兵庫県が1位?」

確かに私を含めて、周囲の男性たちは積極的に家事を手伝っているようですが・・・
この質問について、県民性に詳しい専門家のこんなコメントを見つけました。

「兵庫県は進歩的で開明的な県民性が特徴です。
ラムネも映画もジャズも缶コーヒーも、兵庫県が一番最初。
イギリスの影響も大きく、『男は外で仕事、女は家で家事』
という古い考え方に縛られていないのでしょう。」


2位の岡山県は、男女ともパーフェクトを求めるタイプが多いらしく、
夫の方が、模範的な夫になろうとしているかもしれないとか。

ワースト3は九州2県と東北1県。
こちらについては、

「長崎県は姉さん女房が多く、しっかり者の妻に夫が甘え、
家事をあまりやらないのでしょう。
ワースト2位の青森県は、テレビの視聴時間が日本一長く、
夫婦の会話が日本一少ない。
コミュニケーションが少なく、妻が不満をためている可能性があります。」

また、東北地方ではかつて冬場は出稼ぎが多かったので、
「妻が家を守る」といった風習も残っているかも、との分析でした。


おもしろいのは、夫婦それぞれに聞いた「家事分担率の割合」です。

最も多かった回答は夫の「夫3:妻7」に対し、妻は「夫1:妻9」。
これってたぶん我が家にも当てはまるのかも(笑)

夫が自分で考えているよりも妻の見方は厳しいようで、
全体では「妻の負担が7割以上」の家庭が78.3%。

育児に家事、そして仕事。
私たち夫が思う以上に奥様の負担は大きいかもしれませんね。

記事の最後に、共働き夫婦の家事分担は
「話を聞くことと情報のシェア、ねぎらいと感謝の言葉がポイント」
だということです。

ご主人方、思い当たるところ、ありませんか?
私もさっそく実践してみようと思います(笑)


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。