2012.12.17

鉄筋コンクリート愛情住宅〝smile〟~誕生秘話その③

社内にてネーミングを募り、「家族が笑顔になるように」
と決定された鉄筋コンクリート規格住宅〝smile〟

この〝smile〟は、優れた施工精度と断熱性、そして経済性が特徴の
「Zシステム工法」を採用しています。
宝塚阪急ハウジングガーデン内の三和建設RCの家モデルハウスも、
この「Zシステム工法」で建てられています。

三和建設では、2004年に、鉄筋コンクリート住宅の品質向上と他社との
差別化を狙って、現在の「Zシステム工法」の前身である、「RC-Z工法」を
取り扱い始めました。

「Zシステム工法」はこれまでの鉄筋コンクリート造で使用していたベニヤ
型枠を使わず、何度も繰り返し利用できるFRP製の型枠を使用しています。



FRP型枠を外した後の、きれいなコンクリートの打ち肌も魅力で、
その仕上がり具合に、社内のベテラン技術者も惚れ込みました。



鉄筋コンクリート建物の施工はもともと、ビルやマンションなどの大きな建物
を効率よく造るために分業化され、さまざまな職種の職人を大量に投入
することでコストの引き下げを図っています。
でも、戸建て住宅のような小規模の建物の場合、分業化されたうえに、
作業員が多ければ逆にコストがかさんでしまい、
「鉄筋コンクリート住宅は高い」
と云われる所以となっていました。

「少人数による合理的な施工で、工期短縮とコスト削減を」
強度と精度を持ち、サイズも規格統一されたFRP型枠を採用することで、
少人数ながら効率的に作業ができます。



このFRP型枠を組み上げるのは、「SEマン」と呼ばれる当社の社員。
技術や品質の管理が徹底されるのはもちろん、
コストの削減にもなっているのです。





※前回の記事はこちらから→鉄筋コンクリート愛情住宅〝smile〟~誕生秘話その②
※smileで建築されたお客様の声はこちらから→楽器演奏のための防音室のあるRCの家

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。