2013.11.04

「シアタールームのある家」~電気配線とビルトインガレージ

おかげさまで創業48年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


こんにちは。営業の勝田です。

先日、現在進行中の「シアタールームのある家」の最終打合せを、
オーナーのS様とおこないました。
既に工事が始まっておりますが、S様のこだわりをカタチにしようと、
S様、設計担当、営業の私とで、一つづつ確認していきます。


「シアタールームのある家」~電気配線とビルトインガレージ①三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚


S様は電気配線には精通されていて、打合せ内容もハイレベル。
それもそのはず、電気関係の大学を卒業されたとのこと。
最終打合せ後のシアタールームの電気配線図を見ると、営業の私からは
かなり複雑な図面に見えます!

鉄筋コンクリート住宅では、木造住宅のように切ったり孔を開けたりが難しいので、
設計段階から密に配線計画をしておかないとなりません。
にしても、かなり充実した電気配線図となりました。

何事も設計図が基本。
漏れがないように、図面に記載していきます。


「シアタールームのある家」~電気配線とビルトインガレージ② 三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚
さらに、S様は車の整備もご自身でされるとのことから、
「ビルトインガレージ」を設けています。
敷地の間口一杯に設けられたこの「ビルトインガレージ」
S様は作業スペースの確保など、ガレージの有効幅や奥行きを何度も確認されていました。

当社にお声掛けいただく前には、いろんなハウスメーカーにこの「ビルトインガレージ」案
を相談されたそうですが、一応に返ってくる返事は「構造的に無理です・・・」

それでもどうしても敷地間口一杯の「ビルトインガレージ」を実現したいと、
鉄筋コンクリート構造での建築に至ったわけなのです。

今回は車庫スペースの有効幅を約5.0m確保しています。この幅だと1台あたり幅が2.5mほどあり、
一般の駐車場スペースの幅とほぼ同じです。

有効間口が2.3mほどでも車はなんとか停められるのですが、
乗り降りの時、かなり無理な体勢にならざるをえません。
たった20センチですが、間口が少し変わるだけで使い勝手が全く違ってくるのです。

車にこだわりを持ったお客様が多いので、今回のケースだけでなく、
当社ではいつも綿密に打合せを重ねているのです。


「シアタールームのある家」~電気配線とビルトインガレージ③三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚



※前回の記事はこちらから→「シアタールームのある家」~始まります
※続きはこちらから→ 「シアタールームのある家」~躯体が完成しました!

 ビルトインガレージコラム

    

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。