電話番号:0120-308-114

地震に負けない力 火に打ち勝つ力 ようこそ。RCの家の安心の力をご覧ください。

RC住宅の優れた耐震性

RC住宅の耐震性

震災への備え。
あなたと家族を守る家。

大地震の際、様々な方向から強い外力が建物に一気に加わります。
一般的な木造や鉄骨造家屋の場合、その力が脆弱な部材接合部に集中すると建物が本来の強度を維持できず、変形や倒壊のリスクが生まれます。
鉄筋コンクリート造の建物は型枠を組んだ上でコンクリートを流し込み、床や壁・屋根を完全一体化して造るため、木造や鉄骨造のような部材相互の「つなぎ目」がありません。
構造的強度が極めて高い壁式鉄筋コンクリート造なら、完全一体化した六面体が強い外力を面で吸収・分散させることで、大地震からあなたと家族を守ります。

鉄筋とコンクリート。
まさしくベストパートナーとの出会い。

コンクリートは圧縮する力には強いが、引っ張る力には弱いという特性があります。
反対に鉄筋は引っ張る力には強く、圧縮する力には弱いという特性があります。
この2つの部材を完全一体化して造ることで、圧縮力にも引っ張り力にも負けない強靭な構造体が生まれるのです。
また鉄筋コンクリート造の建物は木造と比べると5倍以上の重量があります。完全一体化した構造体と超重量級であることは、鉄筋コンクリート住宅が優れた耐震性と高い耐風性を発揮する源にもなっています。

イメージ

確実に安心を約束する。
全棟に構造計算を実施。

建築基準法により、鉄筋コンクリート造の建物はたとえ平屋であっても構造計算が義務付けされています。「構造計算をおこなう」ことは、「客観的に安全を証明できる」ともいえます。
その強度は例えば屋根の上に木造住宅を一棟まるごと載せても大丈夫なほど。全壊家屋約10万棟、半壊を含めた一部損傷が約29万棟以上の被害をもたらした阪神淡路大震災でも、六面体で一体構成された壁式鉄筋コンクリート住宅の被害は皆無でした。

RC住宅の優れた耐火性脳

RC住宅の耐震性能

大火への備え。
あなたと家族、そして「街」を守る家。

鉄筋コンクリート造は構造体そのものが燃えない「不燃材料」です。
建築基準法では火災に耐えうる構造仕様として、①防火構造 ②準耐火構造 ③耐火構造 の三つの区分があり、鉄筋コンクリート造は最も火災に強い「耐火構造」。
万一近くで火災が発生した場合でも、1000℃の炎に2時間耐えることができる「耐火構造」の家なら、あなたの家族や財産を守ります。

加熱による強度の変化

鉄筋コンクリートの家は燃えない。
それは街の安心でもあります。

都市の中心市街地や主要駅前、主要幹線道路沿いなどに指定されることが多い「防火地域」。
多くの建物が密集し、万一火災が起これば大惨事になりかねない「防火地域」では、建物の構造を厳しく制限して防災機能を高めることが求められます。
木造では建築が困難な「防火地域」内においても、耐火建築物とした鉄筋コンクリート住宅であれば家族の夢を叶えることが可能です。市街地における建物の延焼防止対策は、都市生活をおくるうえでも重要なテーマだといえます。

RC施工写真

▲このページのトップへ