「こんなにも汚れているの!?」・・・24h計画換気システムのお手入れ

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

みなさん、お正月はゆっくりすごされましたか?
今年の三が日は穏やかで、あたたかい日が続いていましたが、
今日は底冷えのする雨模様となりました。
社内ではマスク姿の社員も増えています。
みなさんどうぞ温かくしてお過ごしください。

 

本日は、鉄筋コンクリートモデルハウス『RCギャラリー西宮』の
換気設備について、スタッフの山田がお伝えします。

 

昨年末の大掃除でやり残したところをチェックしていると、
各部屋にある換気口の清掃が手付かずである事が判明・・・。
遅ればせながら、脚立を使ってお手入れしていると、いろんなことが分かりました!

 

RCギャラリー西宮モデル棟1F換気口


こちらはモデルハウス棟1Fのキッチン横パントリーの天井です。


RCギャラリー西宮モデル棟1F


『RCギャラリー西宮』モデルハウスでは、熱交換タイプの24h計画換気システムを採用しています。
機械ユニット本体は天井裏にあるのですが、天井を見上げると三種類の換気口が見えます。

①給気清浄フィルターユニット(外気を綺麗にする)
②排気口(室内の汚れた空気を排気)
③給気口(室内に綺麗な空気を給気)

 


給気清浄フィルターユニットは外気清浄の役目があります。


粗塵防虫フィルターで虫や粉塵を除去し、さらに給気清浄フィルターの働きにより、
ダニの死骸やフン、花粉などのアレル物質やウイルスの活動を抑制し、浮遊菌やカビも
除去してくれます。


天井裏にはこちらの機器が埋め込まれています。


給気清浄フィルターユニットFY-BFG062

 


カバーを外すと・・・


給気清浄フィルターユニット内部


説明書によると、清浄機能が低下するため給気清浄フィルターは水洗い不可で、
2年目での取替えが目安とのこと。
粗塵防虫フィルターの方は、掃除機やぬるま湯で清掃しても構いません。


粗塵防虫フィルターを取り外してみると、昨年5月のオープンから8ヶ月しか経っていませんが、
幹線道路沿いだからでしょうか・・・
たいそう汚れていました。


粗塵防虫フィルター8ヵ月後

 

これを、ぬるま湯と中性洗剤で清掃すると・・・


粗塵防虫フィルター清掃後


軽くぬるま湯ですすいで、中性洗剤を含ませたスポンジで軽くこすっただけで
見違えるほどキレイに汚れが落ちました! 

 


室内の汚れた空気を排出する、排気口フィルターも粗塵防虫フィルターと同様、
洗う時はぬるま湯で、汚れが落ちなければ中性洗剤で軽くこすります。


排気口


汚れがひどい場合、ついつい力が入りますが、強くこするとフィルターがたわんで
枠からも外れやすくなるので注意が必要です。

 


続いてこちらは給気口。
給気清浄フィルターを通り、熱交換ユニットで熱交換した新鮮空気は
この給気口から供給されます。


給気口

 


パナソニック給気グリル

 


排気口と違ってフィルターなどはなく、ひどく汚れたりしていませんが
パネル面の拭き掃除は必要です。

 


三つの換気口の清掃を終えて、ひと段落していると、
何やらキッチン前にもう一つの換気口がありました。


キッチン付近の給気口


こちらはレンジフードと連動した給気口なのです。
レンジフードをONにすると、内部の弁が開き
空気の流れができて排気効率を高めてくれるのです。

モデルハウスオープン当初は、天井を見上げて
『あれはいったいなんだろう?』
と疑問に思っていた事が、大掃除を通して知る事が出来ました。

 

どんなに優れた機器でも、手入れを怠れば本来の性能を発揮することができません。
今回の熱交換型24時間換気システムは、三和建設のRC住宅の標準装備品でもあります。
実際のお手入れの様子はこれからもどんどんご紹介してまいります。


※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら

※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。