キッチンレンジフード~常時ボタンって何?~

おかげさまで創業50年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

カレンダーを見てみると来週はもう“師走”。
気がつけば、今年もあとひと月あまりとなりました。
日に日に寒さが増し、風邪も流行っています。
体調に気を付けながら暖かくしてお過ごしくださいね。

 


さて、本日はキッチンのレンジフードの話。
リフォームを終えた新しいキッチンを使っていて、ふとレンジフードに目をやると、


レンジフード


レンジフードボタン


『ん?“常時”ってなんだろう…。』

 

キッチンのレンジフードのボタンと言えば・・・


昔の換気扇ボタン


『弱』『中』『強』の3つが普通だと思っていました。

 

さっそく、取扱説明書を開いてみました。


レンジフード取扱説明書


風量ボタンの説明を見てみると…


レンジフード取扱説明書(風量ボタン)


レンジフード取扱説明書(常時換気モード)


キッチンのレンジフードと言えば、煮炊きするときに使うものと認識していましたが、
常時=24時間換気ということなのですね。

2003年(平成15年)の建築基準法の改正により、新築住宅へ24時間換気システムの設置が
義務付けられたこともあり、ひと昔前の換気扇にはなかった機能が付加されるようになりました。

新築住宅の場合は、居室ごとに専用の24時間換気システムが設置されています。
しかし、法改正前に建てられた住居の場合、後から居室ごとに換気扇をつけるのも大変ですので、
後付け可能なキッチンやお風呂・トイレの換気扇に24時間換気機能がついていると、
なるほど、便利ですね。

 

ところで、気になる電気代ですが…

レンジフードの消費電力×電気料金の単価×24時間×30日
で1か月に24時間換気として常時使用した場合のおおよその金額が算出できます。

レンジフードの消費電力は、取扱説明書から…


レンジフード取扱説明書(消費電力)


西日本なので60Hz側、スラッシュ(/)の右側の数字で確認します。
レンジフード常時使用の消費電力は15.5Wとなります。
1か月の消費電力量は、
15.5W×24時間×30日=11160W=11.16kw となりました。


電気料金は、関西電力の料金単価表を確認します。
(従電灯A:一般家庭向け契約メニュー)

関西電力従電灯A料金表(2015.11月現在)


従電灯Aの料金プランの場合、使用量によって単価が変わるのですが、
今回は、29.26円で計算してみます。


11.16kw(レンジフード常時使用時の消費電力:約1か月分)×29.26円
=326.5416円≒327円

1か月、約327円程度であることが分かります。


327円/月を高いと思うか安いと思うかはそれぞれだと思うのですが、
24時間換気を行う事で得られるメリットとしては、

■ニオイの解消
■結露・カビの抑制
■花粉・黄砂・PM2.5・シックハウスの原因物質の除去

などが挙げられます。
適切な換気を行う事で、体も家も、長く快適に過ごしてゆく事に繋がります。

住宅全体の結露やカビを抑制しておけば、補修にかかる費用を節約する事にも
なるのでは?と考えると、高くはない経費かなと思いました。

本日は、宝塚展示場の山田がお届けいたしました。
大掃除を控えた12月。
現在お住まいのトイレ・バス・洗面所・キッチンの換気扇を回す事でも
効果は得られると思います。
今年は換気扇のお掃除にも力を入れて、風通しの良い住空間を整えては
いかがでしょうか?


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。