これからの住宅には必需品です!~宅配ボックスあれこれ

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

ここひと月ほど、宅配業界の労働環境をめぐる問題がニュースとなり、
新聞やネットでも関連記事を目にすることが多くなりました。

初めの頃は宅配業界の現状やどんな問題が起こっているのかに焦点が当てられた報道が
多かったのですが、最近は『どうすれば解決できるか?』に目を向けた記事も増え、
『宅配ボックスの設置』についても良く取り上げられています。

みなさんの関心が高くなってきたのか、こちらで以前取り上げたブログ記事
ここ数日アクセスが増えてきています。

そこで、本日は戸建て向け『宅配ボックス』について、もう一度取り上げてみます。


まずはパナソニックの戸建住宅用ボックス『コンボ』。


パナソニック戸建住宅用宅配ボックス コンボ

※パナソニックHP『戸建住宅用宅配ボックス コンボ』より

価格はメーカー上代で税抜59,500~89,500円(工事代別)。4つのタイプがあります。

 

現場の状況によりますが、後付も可能なタイプもあるので、
現在のお住まいでも採用できるのが魅力ですね。


パナソニック戸建住宅用宅配ボックスコンボ①


パナソニック戸建住宅用宅配ボックスコンボ②
※パナソニックHP『戸建住宅用宅配ボックス コンボ』より


パナソニック戸建住宅用宅配ボックス コンボ使用方法
※パナソニックHP『戸建住宅用宅配ボックス コンボ』より

集合住宅用で多かったのは、配達員さんに暗証番号を設定してもらうタイプなのですが、
配達員さんが暗証番号を書き忘れてしまったりいったトラブルがありました。
こちらのタイプは受領印をもらうタイプとなっており、配達員さんも安心ですね。

『受取印でいたずらされないの?』

ご安心を。受け取りは1回だけなので、1回押印した後は、押印ボタンは押せなくなります。


また、4月以降新商品も発売され、こちらは宅配ボックスとポストが一体となったタイプです。
※2017年3/28、パナソニックより発売延期のお知らせがありました。 
 詳しくは商品紹介ページ
「宅配ボックスコンボ」よりご確認くださいませ。


パナソニック宅配ポスト『コンボ-F』


パナソニック宅配ポスト『コンボ-int』

※パナソニックHP『戸建住宅用宅配ボックス コンボ』より


外に出なくても、室内から荷物を受け取れるのは便利ですね!
(詳しくはパナソニックHP「宅配ボックスコンボ」よりどうぞ!)

 

 

次にご紹介するのは、エクステリアメーカーユニソンの宅配ボックス。
こちらはポストと一体型のタイプとなります。

こちらは大容量タイプ『Kate(ケイト)』。
2Lペットボトルの受取が可能で、ポスト有り無しが選べます。
価格はメーカー上代で税抜99,800~12,8000円(工事代別)となります。
(詳しくは『ユニソンBGS HP ケイト』紹介ページよりどうぞ!)


ユニソン 宅配ポスト Kate①


ユニソン 宅配ポスト Kate②
※ユニソンガーデンエクステリア商品総合カタログ2016より

 

こちらはすっきりとしたデザインが特徴の『COLDIA(コルディア)』。
価格はメーカー上代で税抜89,800円(工事代別)となります。
(詳しくは『ユニソンBGS HP コルディア』紹介ページ『ユニソンHP コルディアの選び方』よりどうぞ!)

 

ユニソン宅配ポスト COLDIA①


ユニソン宅配ポスト COLDIA(前入れ前出し)
※ユニソン『ガーデンエクステリア商品総合カタログ2016』より

開閉の種類が豊富で、左右の開き、前後の出入れも使い勝手や設置する環境で選んでいただけます。

受領印は名前ではなくて、シリアルナンバーとなっており、受取が手渡しの場合と宅配ボックスの場合と
識別可能となっています。

 


先日ニュースとなった、パナソニックが日本で一番共働きの世帯が多い福井県あわら市において
各家庭に無償で宅配ボックスを設置しておこなった「宅配ボックス実証実験」によると、
再配達率が49%から8%に減少したとのことでした。

これからもネットショッピングはますます利用者が増え続ける状況の中で、
受け取る側の私たちにもできることがあるはずです。
これからの住まいには必須のアイテムになることでしょう。
 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。