2018.02.20

水まわりの床はタイルだけじゃない!・・・コストダウンに役立つおすすめ床材

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


こんにちは、RCギャラリースタッフの山田です。

朝晩の冷え込みは相変わらずですが、日中の寒さは日に日に緩んできたように
思います。ニュースではそろそろ花粉予報が始まる頃でしょうか?
いずれにしても、もうしばらくマスクのお世話になりそうです(笑)。


本日は鉄筋コンクリートモデルハウス『RCギャラリー西宮』より、
水まわりの床材をご紹介いたします。

洗面所・トイレ・キッチンなど、水まわりの床材としてポピュラーなのが
耐水性、メンテナンス性に優れた『CF(シーエフ)』=『クッションフロア』
と呼ばれるビニル系の床シート。

デザインが豊富で、クッション性も有り、普及品なら材料費は
1㎡あたり実売価格600円程度と安価である事からよく採用されています。
ただ住宅用のものは、クッション性がある=柔らかい素材で作られている為、
重たい家具などを長時間置くと跡が残るので注意が必要です。


クッションフロア 家具の跡

 

『RCギャラリー西宮』のトイレや洗面室には、モデルハウス内で
実際にお客様も使用される場所でもあることから、
クッションフロアよりも硬く、クリニックや店舗の床材としても採用されている長尺シートを採用しました。

こちらは東リ株式会社の『マチュアNW』です。


RCギャラリー西宮 1Fトイレ


RCギャラリー西宮 2F洗面脱衣室&バスルーム


東リHP マチュアNW
東リHPより引用”

東リ マチュアNW webカタログより
“東リwebカタログより引用”


複層ビニル床シートという品種で、高耐久性の樹脂コーティングが施された床シートです。

表面の硬さの印象は・・・
フローリング > マチュア(長尺シート) > クッションフロア
といった感じ。
これなら洗面室に置き家具を置いても、床が凹まずに済みそうです。

また、クッションフロアや長尺シートなどのビニル系床シートもフローリング同様、
美観を保ち、汚れを防止するには定期的なワックスがけが効果的なのですが、
こちらの長尺シートは『NW(No Wax)』。
耐久性とともに高い防汚性も兼ね備えたUV樹脂コーティングのおかげで、
ワックスがけ不要にも関わらず、美観・防汚が長持ちするようです。

材料費は1㎡あたり実売価格2,500円程度と、クッションフロアよりは高価ですが、
耐久性やメンテナンス性を考慮すると、一考の余地はあるのではないでしょうか?

 

フローリングの部屋間のつなぎ目や、質感を見比べたい・・・といった場合は、
ぜひ『RCギャラリー西宮』へお越し下さい!
長尺シートと無垢フローリングと既製品のフローリングを見比べられる箇所がありますよ!


クッションフロア 家具の跡

 

また現在、『RCギャラリー西宮』では、三和建設創業53周年記念キャンペーン開催中です!
土地売却、建替え、リフォームなど、みなさまからのご相談をお待ちしております。
※『RCギャラリー西宮』のキャンペーンは3/11で終了致しました。


おかげさまで三和建設は2月11日創業53周年


三和建設コーポレートサイト 創業記念キャンペーンはこちらから
↑こちらのキャンペーンは3/31をもって終了いたしました。


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。