2018.07.23

いる?いらない?ウォークインクローゼット扉

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


こんにちは、RCギャラリースタッフの山田です。
容赦のない猛暑日が続いています。


今日7月23日は二十四節気の「大暑(たいしょ)」。
各地で40℃超え、もしくは40℃に届く高気温を記録しています。
そのうち収まるかと思っていましたが、しばらくはこの暑さが続くとの予報・・・。
対処法を身につけながら、上手く乗り切りたいものですね。

 

さて・・・本日はウォークインクローゼットの扉について。


ウォークインクローゼット扉


クローゼットには当然、扉が付いているものだと思っていましたが、
間取りや住まい方をじっくりと考えていくと、
“扉をつけない”という選択がベストというケースも有ります。

 


RCギャラリー西宮主寝室


こちらは鉄筋コンクリートモデルハウス『RCギャラリー西宮』2Fの主寝室入口。
右少し奥の空間がウォークインクローゼットです。

平面図を見ると・・・

西宮モデル2F


クローゼットの前のスペースはあまり広くないので、
扉を開け閉めする動作や設置スペースを省いた方が、動線もスムースですし、
数センチであってもスペースを確保する事ができます。


主寝室より ウォークインクローゼット


また、主寝室の扉を閉めておけば、家人以外がホールを通っても、
ウォークインクローゼットの中身が人目に触れる事もありません。


扉閉めた状態

 

以下は自宅のクローゼット扉・・・

ウォークインクローゼット扉


数年前にリフォームしたのですが、
ウォークインクローゼットの扉は開けたままで使っています。

実は私のリフォーム担当者からは、コスト削減の事もあって、
“扉をつけない”という提案を頂いていたのですが、
「ウォークインクローゼットには扉があるもの」という
思い込みがあって、当時はつけるという選択をしました。


ウォークインクローゼット


でも実際に暮らしてみると、
間取り的にも部屋の引き戸を締めてしまえば、内部は見えませんし、
開けたままの方が出し入れしやすく、「無くてもよかったかな・・・」
と感じている次第です。


上記のケースと同じような間取りであっても、使い勝手は人それぞれ。
これから家づくりを始めるなら、ベストな選択が出来るよう、
ぜひじっくりと住まい方、暮らし方をシミュレーションしてみて下さいね。
参考になれば幸いです。


兵庫・大阪で建てる高品質&デザインRC注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。