2018.10.21

アール壁が目を惹くRC住宅・・・外部足場が外れました!

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


皆様、こんにちは。
RCギャラリースタッフの吉川です。

ここ数日は秋の行楽日和が続いています。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
朝は少しばかり冷え込むようになりました。
うっかり寝冷えしないように気をつけましょう。

 

宝塚市RC造建築現場リポート


11月末完成を目指して、宝塚市内で建築中の
鉄筋コンクリート造2階建住宅現場リポートをお届けします。


現場では外部の足場が外れ、アーチ壁が印象的な外観が現れました。


正面壁の仕上げは「ビシャン叩き仕上げ」


正面壁の仕上げは、打ち上がったコンクリートの表面を軽くハンマーで叩いて
凸凹に仕上げています。

 

コンクリートの出窓


打ち放し部分については、綿密にセパ穴の割付を検討しました。
整然と割付されたコンクリート壁が陽光に照らされて輝いていました。
コンクリートの出窓はお施主様のご要望によるものです。

 

窓上には間接照明用のBOX


内部では造作工事が進んでいます。
窓上には間接照明用のBOXを設けています。
高寿命で熱の放出が少ないLED照明が普及した昨今は、
こうした間接照明を取り入れた空間提案が当たり前になっています。

 

アーチ部分は大きなテラス


アーチ部分は大きなテラスとなっています。
床にはデッキを敷き込むのですが、現在その納まりをお施主様と最終確認しています。

デザイン、施工性、メンテナンス性と、どれを優先するかで
納まりは変わってくるので、必要であれば現場で状況を確認しながら打合せをおこなっています。

完成まで残り約一ヶ月。
工事は追い込みの段階ですが、仕上げに絡む工事ばかりなので慎重に作業は進められています。

ご家族の夢を私たちに託してくださったお客様の期待に応えられるように、
スタッフ一同、最後まで頑張ってまいります。


※前回の記事はこちらから→アール壁が目を惹くRC住宅・・・内部造作工事が進んでいます


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。