2018.11.28

R形状に合わせてバルコニーデッキを施工しました。

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


皆様、こんにちは。
RCギャラリースタッフの吉川です。

いよいよ年末も近くなり、忙しさが加速して参りました。
体調管理に努めて、年内しっかりと仕事を遂行していきたいと思います。
車の運転も事故のないよう気をつけないといけませんね。


さて、今回はR形状に合わせたバルコニーウッドデッキの施工実例をご紹介します。


R形状に合わせたバルコニーウッドデッキの施工実例


鉄筋コンクリート造はデザインの自由度も魅力です。
このようなRの壁は外観の見せ場になりますし、
室内からも曲面のディティールを愉しむことができます。

 

Rのバルコニー 防水層


今回のお宅ではバルコニーの手すり壁をRにしました。
部屋から望むと、それはそれでカッコいいのですが、
せっかくの空間なのに防水層のままではもったいないと、
ウッドデッキを曲面に合わせ敷き込むことにしました。

 

ウッドデッキ R加工


ウッドデッキのR加工は大変だったようですが、
何とか職人さんに頑張ってもらい、綺麗な仕上がりとなりました。

ちなみにこのウッドデッキは、メンテナンスフリーの人工木デッキになります。

本物の木粉と樹脂を混ぜて成型したものでで、
リアルな木質感と腐食・シロアリの被害もほぼなく、
天然木のように定期的な塗装の必要がありません。

デッキを敷く場合は、将来的なお手入れ手間も考えて
多少コストが掛かっても人工木デッキにすることもお考えください。
数年毎にデッキ下部の清掃や全面塗装が必要となると
その都度、費用が掛かってしまうので経済的ではないですね。

そんな理由で三和建設では人工木デッキのご提案がほとんどです。
またデッキはリビングの床の高さと合わせることもポイントです。

部屋からバルコニーに続くデッキで、
広がりのある気持ちの良い空間になりました。


※前回の記事はこちらから→アール壁が目を惹くRC住宅・・・外部足場が外れました!


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。