2018.12.12

神戸のRC住宅外断熱改修工事
・・・落ち着きのある上質な空間が完成しました!

おかげさまで創業53年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


みなさんこんにちは。
RCギャラリースタッフの松田です。

さて、本日も神戸市中央区で進行中の、
3階建てRC住宅大規模改修工事リポートをお届けします。


外部は、アプローチ、階段のタイルを張替えました。


外部は、アプローチ、階段のタイルを張替え


この後、スチール製のデザイン手摺を設置します。

 

玄関前の床はタイルの色を変えました。
手前には防犯のため同じくスチール製の門扉を付けます。


玄関前の床はタイルの色を変えました


建物内部もそうですが、外壁は外断熱改修、玄関ドアや床タイルなど
かなり手を加えたため、改修前とは随分雰囲気が違い、
使い勝手のよい住まいになりました。

 

内部工事はすでに終わり、本日は社内検査をおこないました。


キッチンまわりはレンジフード配管の関係で折り下げ天井


「家族が集まる空間はできるだけ広く」
とのお客様要望により、LDKのある階はぶち抜きのワンルーム空間としました。
キッチンまわりはレンジフード配管の関係で折り下げ天井とし、
キッチンカラーに合わせたコーディネートとしています。

 

壁にはエコカラット、床にはチークの無垢材を使うなど、
色使いが落着いていて、暖かみのある空間になっています。


壁にはエコカラット、床にはチークの無垢材


床もLDKと同じチークの無垢材で統一


リビングの先にはサンルームを設けています。

床もLDKと同じチークの無垢材で統一し、一体感があります。
完成した空間を改めて見ると、これは本当に良い!(笑)

床下には断熱材を敷いており、カーテンも設置するため、
気候がいい季節は、こちらで自然光を浴びながら過ごしていただけるはずです。

またお子様のお友達が来ても、
みんな大喜びして遊んでもらえる空間になりました。


この日の社内検査では、現場監督・設計・営業が図面を元に
現場との整合性、傷や扉の開閉など、施工不良がないかの確認を行ないました。

社内検査での指摘事項は、図面と現場にマーキングをおこない、
この後のお施主様立ち会い時までに手直しを行ないます。

前回お客様に現場ご覧いただいた際は、
まだ養生シートで覆われていた部分が多かったので
完成した様子をお客様にご覧いただくのが本当に楽しみでなりません。


『神戸でのRC住宅外断熱改修工事』

基本性能が高いRC住宅を、本当に価値ある住まいに変える私たちの取り組みを
引き続きご紹介してまいります。


※前回の記事はこちらから→神戸のRC住宅外断熱改修工事・・・完成まで残り2週間!
※続きはこちらから→神戸のRC住宅外断熱改修工事…完成!本日はお引渡し!




兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。