2012.11.21

コンクリート住宅 よくある質問 ~「RC」って何?

こんにちは、営業の松井です。

鉄筋コンクリートの住宅を建築している私たちなら、
耳慣れた「RC(アールシー)」の言葉。

一体何の略なのでしょうか?
「C」は「コンクリート」の略は分かるけども、
「R」ってなんなの?

若手社員に質問してみました。
「ラ?・ ・ ・ リ?・ ・ ・ ル・ ・ ・ レ・ ・ ・ 分かりません!(苦笑い)」
実は、社内でも、答えられない技術者がいたりして・・・



鉄筋コンクリートのモデルハウス前にも、のぼりに「RCの家」の文字。

「RC造」とは、鉄筋コンクリート造 (Reinforced Concrete:レインフォースドコンクリート)
の略なのです。

「Reinforce」とは、「・・・を補強する、・・・で強化する」の意味があります。
「Reinforced Concrete」 =「補強された」コンクリート =鉄筋コンクリート造
となります。

現在の鉄筋コンクリート工法では、補強に使うのは主に「異型鉄筋」。
コンクリートとの付着面積を増やすために、節の付いた「異型鉄筋」を使用しています。



第二次世界大戦中の日本では、物資不足から、鉄の代わりになんと「竹」を使った
「竹筋コンクリート」なる構造で建物も作られたそうですが、やはり耐久性はもひとつだったみたいです。

近代土木建築では欠かすことのできないこの「鉄筋コンクリート造」ですが、
一体いつごろ、だれが発明したのでしょうか?

セメントに砂、砂利、水、(混和剤)、を練り合わせて固まったものがコンクリートです。
古代ローマ時代には、石灰石を焼いて作られたセメントが、水と混ぜ合わせると固まる性質を利用して
様々な建造物が造られ、今も現存しているものもあります。

そのコンクリートに鉄筋を組み合わせることで、より強度が増すことが発明されたのは今から150年ほど前。
諸説あるようですが、おもしろいのはフランス人の庭師、モニエさんが発明した話。
使っていた植木鉢がすぐに壊れてしまうことから、金網にコンクリートを流し込んで補強することを
考案し、1867年に特許をとっています。

建物といえば、木造が主流であった日本では、明治になって西洋のレンガや石造りの建築工法が
取り入れられました。
大正時代になると、耐震性への関心が高まり、鉄骨や鉄筋コンクリート造による耐震・耐火建築物が
建てられるようになりました。

※前回のQ&Aはこちらから→コンクリート住宅 よくある質問 ~どれくらいもつの?
※続きはこちらから→コンクリート住宅 よくある質問 ~ 固定資産税って高い?

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのRC住宅。耐震・耐火性能で選ぶならコンクリートの家。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。