2013.05.07

掘り込みガレージ造ってます!その①

おかげさまで創業48年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


はじめまして。土木担当の中村です。
今回は、西宮市で私が管理している掘り込みガレージ工事の様子を
お伝えします。

今回の現場は道路より一段上がった宅地。昭和50年に隣地分と併せて
造られた二台の掘り込みガレージが既にありました。


 当初お話を伺って、現地を調査したところ、このガレージ、40年近くの
年月が経ってかなり傷んでいることが分かりました。



当時はまだコンクリートも今ほど徹底した品質管理が出来ていない時代。
コンクリートの破片を口に含むと、しょっぱいことも。
コンクリートには砂が必要なのですが、山砂不足から現在では塩分量が定められている
「海砂」が多く使用されていた時代でもありました。
この「海砂」含まれる塩分が内部の鉄筋を早く錆させてしまいます。
鉄筋は錆びると体積が増え、膨張するので周囲のコンクリートが爆裂して一層劣化が進むのです。



今回の提案では、ガレージの上に新しく木造二階建の住宅を載せますので
このガレージは一旦撤去して、現在の基準で安全なものに造り替えます。



安全に十分注意して、隣のガレージ部分を残して切り離しました。
写真は基礎下のベースコンクリートを打設したところの様子。



左右と背面は土に埋まってしまいます。
周囲の地盤からはこのガレージを押そうとする力が発生します。
上には土と住宅の荷重がかかりますので、構造計算によって定められた
鉄筋量はかなりのものです。
 

 

その②に続く



兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。