繰り返しの揺れにも安心。木造住宅には制震装置をおススメします!

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

皆様、こんにちは。
展示場スタッフの吉川です。


3月に入り、日中の気温もどんどん高くなってきました。
寒さが過ぎれば花粉のシーズン到来。マスクが手放せなくなる方も多いのではないでしょうか?
スタッフの中にも数日前から症状が出始めた者もいます。

先日のニュースで、スギ花粉の飛散開始日を予測するのに、1月1日からの「積算最高気温」が
目安だと知りました。

1月1日から、毎日の最高気温を積み重ねていって、西日本では400~500℃、
東日本では300~350℃になると花粉の飛散が始まるようです。

ちなみにここ数日が飛散開始日に当っているようです。


西宮市の週間花粉情報


花粉症の方は憂鬱な日々が続きます。どうかお大事に・・・

 

 

先日、住宅業界で注目を浴びている制震装置のセミナーに参加してきました。

こちらは三和建設の木造住宅でも採用している
住友ゴム工業さんの制震装置「ミライエ」です。


住友ゴム工業さんの制震装置「ミライエ」


住宅の性能を表示する項目のひとつに、「耐震等級」があります。

耐震等級


耐震等級は「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づく「住宅性能表示制度」
で定められています。


3段階の最も低い等級1でも、
「数百年に一度発生する震度6強や震度7程度の地震で倒壊・崩壊しない」
とされています。

ところが先日の熊本地震で、繰り返しの揺れに対して耐震等級2の木造住宅が倒壊したことで、
住宅業界では揺れを抑える制震装置が脚光を浴びています。


耐震という地震対策の考え方(基準法ベース)

 

そこで三和建設では、建築する木造住宅のさらなる安心を確保すべく、
全棟の制震装置導入に向けて動き始めています。


制震という地震対策の考え方


「制震」とは、建物の揺れを吸収・低減する考え方です。
「ミライエ」は、高減衰ゴムの働きで建物の揺れを大きく抑えることが出来ます。
地震のダメージの蓄積によって筋交いや耐力壁の強度が低下するおそれのある
木造であれば、揺れを軽減することはとても大切なことだと思います。


近い将来、必ず起きるといわれている南海トラフ巨大地震。
三和建設では木造住宅、鉄筋コンクリート住宅ともに
地震に負けない家づくりを目指して取り組んでいます。

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。