工夫次第でお部屋がスッキリ!・・・壁掛けタイプだけじゃない。
エアコンあれこれ。

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


皆様、こんにちは。
RCギャラリースタッフの松井です。

少し涼しくなってきましたが、知り合いの電気屋に聞くと、
今年の夏は猛暑でエアコンの売れ行きも好調だったようです。

暑さのピークは過ぎましたが、今回は新築時のエアコン計画について書いてみます。

 

どのお部屋にも必ず必要なのがエアコンですが、最近は機能も増えていて
サイズも大きく、インテリアデザインにも影響します。

当社では室内機、室外機の設置位置や配管をどのルートで通すかなど、
建物の意匠にも関係する設備のため、比較的は早い段階で打合せをおこなっています。
せっかくこだわった建物外観なのに、通りから室外機が丸見えではもったいないですから。

 

当社では建物全体を一台や二台の機器で冷暖房をおこなう「全館空調」も扱っていますが、
やはり一般的に多いのは個別空調です。


エアコン壁掛けタイプ


寝室や子供部屋などプライベートな空間の場合は、意匠よりもコストや機能性、メンテナンスを重視して
壁掛けタイプを用いることが多いです。

 

壁掛けタイプの中には、エアコン本体のデザイン性に拘った商品もあります。

ダイキンUX
ダイキンUX
ダイキンHPより


三菱 霧ヶ峰FLシリーズ
三菱 霧ヶ峰FLシリーズ
三菱HPより



リビングなど大きな空間では、意匠的にも容量的にも人気なのが天井カセット型エアコンです。


大空間では意匠的にも容量的にも天井カセット型エアコンが人気


見た目にもスッキリしますし、ドレンアップ(室内機からの排水をポンプで排水する)機能も
内蔵されているので、室外機の置き場が自由(例:室外機を屋上にすることも可能)ですし、
離れた場所に置くことができます。

ただし、問題なのはコスト。
20帖程度の部屋の場合、モノにもよりますが機器本体は40~50万くらいが相場でしょうか?
これに、取り付け工事費が必要です。

壁掛けなら数万円で済むところが、天井カセット型なら天井から吊り下げる費用や
長い冷媒管・ドレン配管工事を併せて取り付け工事費は10万程度見込んでおいたほうがよさそうです。

また将来的に取替えする際も、取り外しや設置に手間が掛かることは言う間でもありません。

こうしたお話をすると、総合的に判断されて見送られる方も結構いらっしゃいます。

 

壁の中に埋め込むタイプのエアコン


こちらは壁の中に埋め込むタイプのエアコンです。

本体は壁の中にスッキリと納まっています。
ルーバーは建築工事で取り付けています。

ルーバーを外すと、

ルーバーは建築工事で取り付け

フィルターを取り外すことができます。


壁の中に冷媒間などを先行配管


天井カセット型同様に、このタイプは壁の中に冷媒間などを先行配管しているので、
事前の設計計画が重要になります。

 


こちらは、床置きタイプ。

床置きタイプエアコン


エアコン自体の存在が見えなくなるので、スッキリ


エアコン自体の存在が見えなくなるので、スッキリします。

 

昨今の住宅ではエアコンはなくてはならない設備となりました。
設置位置や配管ルートなど、建築計画にも必ず絡んでくる要素になっています。

「必要だけどインテリアにもこだわりたい!」

最近はお客様の声をよく聞くようになりました。
注文住宅を手掛ける私たちは、それぞれのお客様の要望をしっかりと確認した上での計画が
大切だと、常々感じております。


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。