2021.11.22

~BLACK&WHITE 静かなクリスマスのテーブル~

おかげさまで創業56年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


このところ小春日和が続いていましたが、
予報によると今日の雨を境に空気が入れ替わり、季節は一気に冬へ進むとのこと。
明日からは冬用のコートが活躍しそうですね。

そうこうしているうちに今年も早やひと月あまり。
冬らしい寒さの到来に合わせたかのように、RCギャラリー西宮のリビングテーブルも
クリスマスの装いとなりました。
毎年、趣向をこらした素敵なクリスマステーブルを作り上げて下さる、
インテリアデコレーターの佐藤さんに今年もお越しいただき、
大人シックな雰囲気に仕上げていただきました。

今年のテーマは「BLACK&WHITE」。
ようやくコロナが少し落ち着き、長い間会えていなかった大切な人や
家族と静かに過ごす・・・そんなクリスマスをイメージしたテーブルです。


2021黒と白の静かなクリスマステーブル①

光沢抑え目のつややかな黒のベースクロスに
テーブルランナーには木目模様の幅広リボンをあしらいました。


2021黒と白の静かなクリスマステーブル②

思わず目を惹くこちらのセンターピース。本物の枝かと思いきや、造木のツリーだそう。
枝ぶりがとてもリアルで存在感がありますね!


2021黒と白の静かなクリスマステーブル③

テーブルアイテムは「ゴールド×シルバー×ガラス」をベースにコーディネートされています。
シルバーとガラスというと、夏のアイテムのように思いますが、
「冬のテーブルにも意外と合うんですよ。」と佐藤さん。
華美すぎず、でもクリスマスらしいきらめきを適度に取り入れて・・・。
イルミネーションやライトとは違った、素材自体が持つ輝きを活かした演出となっています。

 


さあ、2021年の静かなクリスマステーブルが完成しました!


2021黒と白の静かなクリスマステーブル④


2021黒と白の静かなクリスマステーブル⑩


2021黒と白の静かなクリスマステーブル⑤

クリスマスツリー型のナプキンがかわいらしいですね。


2021黒と白の静かなクリスマステーブル⑥

丸いのは「山帰来(サンキライ)」の実。
クリスマスリースでよくみかけるのは赤い実ですが、今回はゴールドでテーブルを彩ります。


2021黒と白の静かなクリスマステーブル⑧

葉の形をしたオーナメントはガラス製。
ペンダントライトの光をほどよく透過させ、金と銀の華やかな空間を作り出してくれます。


大切な人と静かにこの一年を語らう・・・
そんな場面にふさわしい、趣あるテーブルとなりました。


こちらのテーブルは12月中旬頃まで展示予定です。
RCギャラリー西宮モデルハウスにご来場の際はぜひご覧になってくださいね。


兵庫・大阪で建てる高品質&デザインRC注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。