2016.01.30

24歳のスタッフから見た「RCモデルハウス」の魅力

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

1月は数十年に一度の大寒波が到来ということで、関西でも先週末は驚異的に寒い日が続きました。
大寒波は過ぎ去ったとはいえ、まだまだ冬本来の寒さが続いています。

私の周りでも、そろそろインフルエンザにかかった人も出始めていて、
この冬はこれからがピークを迎えるようです。
皆様、どうぞ体調管理にご留意ください。

 



RC住宅の魅力といえば、

『耐震性』
『耐火性』
『遮音性』
『快適性』
『耐久性』
『高いデザイン性』

など、たくさんの優れた性能が挙げられます。
そんな性能を実際に体感いただけるのが、阪急宝塚ハウジングガーデン内にある「RCの家」宝塚モデルハウス。
でも、残念ながら宝塚モデルハウスは2月21日(日)をもって営業を終了します。
(※新しいRCモデルハウスは西宮市越水町にて5月オープンに向けただいま建築中!) → 工事の様子はこちら

営業終了まで、あとわずかとなった宝塚モデルハウスですが、
今日はスタッフの松田が、あらためてその魅力をご紹介いたします。

 

 


まず私のイチオシは “ビルトインガレージ”

一般的な木造住宅で、柱や壁のない大空間のビルトインガレージを作るのは
構造強度の問題から困難だとされています。

しかし、壁や床を完全一体成型で造る鉄筋コンクリート造なら、
条件によっては最大で約9m幅のガレージ開口を設けることも可能です。


「RCの家」宝塚モデルハウスには、大型車が2台並ぶビルトインガレージがあります。


『RCの家』ガレージハウス平面図

 

ガレージ1

 

ガレージの右奥には、趣味の自転車や大型バイクを停めるスペースもあります。

ガレージ2


こちらのモデルハウスでは、ガレージから直接家の中に入ることができるように、
勝手口ドアが設けてあります。

ビルトインガレージのメリットといえば、なんといっても雨の日も濡れずに家の出入りができることでしょう。
外出時はもちろんですが、シャッターリモコン(カードタイプがあります)を車に用意しておけば、
帰宅時もそのまま建物内に入ることができます。

もちろん大切な車やバイクが汚れてしまうのも防げますし、自転車だって雨ざらしで傷むこともありません。
なにより、盗難やイタズラといった防犯面でも安心ですね。

 

 


次に、“スタディルーム”

スタディルーム、展示場スタッフの人気No1の空間です。

スタディルーム①


スタディルーム③


本来はバルコニーへ出るための廊下のスペースなのですが、
奥行きを2Mまで広げて、「廊下でもなければ部屋でもない」空間を創りました。


スタッフに人気の理由は、


スタディルーム②


スタディルームの正面の大きな窓から、中庭を望むことができるのです。
風に揺れる木影、雨に濡れる木の葉、満天の星空・・・
ここに座って外を眺めていると、時間が経つのを忘れてしまいます。

ここは子供たちが勉強する場所としてだけでなく、
お母さんが洗濯物を畳んだり、お父さんがコーヒー片手に新聞を読んだりと、
家族が多目的に利用できるファミリィスペースにもなります。


「家族が共同で使える空間」


スタディルームの様子は、キッチンからも少し見えるようになっています。
ここは家族の繋がりが感じられる、とても温かい空間になるはずなので、
ぜひお薦めしたいです!

 


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。