2016.08.08

嬉しいお言葉をいただきました!・・・「甲子園の家」上棟式

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

皆さま、こんにちは。

8月に入って暑い日が増えて参りました。
Yahooで今日の最高気温予想を見ると・・・

Yahooで今日の最高気温予想


日本全国真っ赤か!
この暑さはいったいいつまで続くのでしょうか?

もうすぐ楽しい夏休みの方も多いと思います。
帰省や行楽でおでかけの方は、暑さ対策をお忘れなく。

今回は西宮で建築中の鉄筋コンクリート住宅「甲子園の家」の
上棟式の模様を、RCギャラリースタッフの吉川がお届けします。

 

「甲子園の家」は3月末の工事着工から4ヶ月が経過して、
本日8/7上棟式を迎えました。

木造住宅では、棟上げを終えた日を「上棟の日」とする場合が一般的ですが、
三和建設の鉄筋コンクリート住宅では、最上階の屋根のコンクリートを打設した日を
「上棟の日」としています。

「上棟の日」は工事関係者しか現場には入ることができないため
数日後に屋根版を支える支柱(サポート)が外れるタイミングで上棟式を催行しています。


「甲子園の家」は大安吉日のこの日が上棟式。
施主様ご家族や工事関係者が集まって、工事の安全と設計図通りの完成を祈願しました。


「甲子園の家」は大安吉日のこの日が上棟式①


現場監督の発声で式は進行します。

御幣に向かい、全員で二礼ニ拍手一礼の後、
四方清め祓いの儀に移りました。


棟梁が先導し、建物の四隅を順に酒、洗い米、塩で清めます


棟梁が先導し、建物の四隅を順に酒、洗い米、塩で清めます。
小さなお子様もお手伝いいただきました。
大きくなっても、自分の家の上棟式を覚えてくれていたら嬉しいですね。

四方清め祓いの後は、乾杯です。
乾杯の前に、お施主様からひとこと頂戴しました。


四方清め祓いの後は、乾杯


「暑い中、事故や怪我のないようにお願いします。みなさんがコツコツと造り上げてくれたこの家を
家族で大切に住まわせていただくつもりです。」

家創りに携わる者にとって、この上なく嬉しいお言葉です。
昨年5月にお出会いしてから今日までのことが思い出され、私もジーンとしてしまいました。

 

こうして上棟式は滞りなく終了し、次は今日初めて建物に足を踏み入れた施主様に
すっぴんの建物内をご覧いただきます。

上棟式のタイミングは、構造を確認する機会でもあります。


上棟式のタイミングは、構造を確認する機会


写真は担当設計の田村部長と間島チーフ。
自身の想い描いたとおりの仕上がりになっているのでしょうか?(笑)

一際お施主様が喜ばれたのは、3階部分の11帖大のルーフバルコニーです。
少し高めに設けたコンクリート手摺のおかげで、周囲からの視線も気になりません。


「甲子園の家」は大安吉日のこの日が上棟式②


ご夫婦楽しそうにお話しているのを拝見していると、家を創ることの責任をあらためて感じます。
お施主様とこだわって設計した建物がどんどん完成に近づくのは、私自身もとても楽しみです。

工事は順調に進んでいます。
三和建設に夢を託していただいたそのご期待に応えられるように、
これからもスタッフ一同全力で取り組んでまいります。

※前回の記事はこちらから→「甲子園の家」躯体工事が完成!・・・構造見学会を開催しま
す。
 ※こちらの見学会は終了いたしました。
※続きはこちらから→「甲子園の家」・・・内部造作工事が進んでいます!

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。