2015.05.16

“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!

おかげさまで創業50年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。

 

こんにちは。
営業の松井です。

私の担当する神戸市東灘区、住吉宮町の鉄筋コンクリート造賃貸マンションが、まもなく完成します。

4月末に消防検査と指定確認検査機関による完了検査も無事終えました。
同時に社内の自主検査も並行しておこなっていて、現在はお引き渡し前の手直し工事を進めています。


“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!①三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚


マンションの名称も“ARUKAS”(アルカス)に決定しました。 
オーナーから提案されたこの名前は、さくら(SAKURA)を逆読みしたものになっています。
個人的には、なんとなくですがマンションのイメージに合っているような気がして気に入っています。

 

ここで鉄筋コンクリートマンション“ARUKAS”の
こだわりポイントを紹介します。


まずは外観から。

こちらのマンションには、建物正面とエントランス上部に和瓦が使われています。
これはオーナーの「由緒ある住吉宮町の街並みに馴染むように」との想いから決定されました。


“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!②三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚


“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!③三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚


完成した建物を実際に目にして、コンクリート打ちっ放しの外観と和瓦の組み合わせは、
「なるほど・・・住吉という地域柄のテイストを取り入れた、洒落た建物になったな」
と感じています。

ちなみにこのイメージに合うように、道路からエントランスまでのアプローチには御影石が
敷き詰められます。


次に各住戸について。

もともと鉄筋コンクリート造のマンションは気密性と断熱性に優れているといわれていますが、
このマンションにはさらに性能を上げるための取り組みがなされています。

私たちのRC注文住宅でおなじみの「アルミ樹脂複合サッシ+Low-Eペアガラス」が採用されているのです。
この窓の採用によって、夏は日射熱の進入を抑え、冬は室内で暖めた熱を外部に逃がさない効果が得られます。
冬場の嫌な結露の発生も防ぐことができるので、入居された方は夏も冬も快適にお過ごしいただけるはずです。
ちなみに建物南側の掃き出し窓には電動シャッターが付いています。

間取りは2LDKと1LDKとなっています。


“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!④三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚


“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!⑤三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚


“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!⑥三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚


既に入居者募集も開始されていて、既にご入居が決まったお部屋もあります。
私たちが手掛けたRCマンションで、新生活をスタートさせる方のためにも、
最終の仕上げ工事と、まだ未施工の外構工事を急がなければなりません。


JR住吉駅から徒歩5分の好立地ですので、周辺で賃貸マンションをお探しの方は
ぜひお問合せ下さい。


“住吉宮町マンション”改め、“ARUKAS”まもなく完成!!⑦三和建設のコンクリート住宅_blog 鉄筋コンクリートの家 宝塚

 
※前回の記事はこちらから→「なにか出るかな?」ハラハラドキドキ埋蔵文化財発掘調査その②
兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。