みなさまへの感謝を込めて~大創業祭を開催しました!【後編】

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

三和建設スタッフの講座もあります。

リフォームミニ講座「断熱リフォームのススメ」は、リフォーム部門の「リフレ三和建設」
のスタッフが窓まわりの改修をはじめ、断熱の考え方を説明します。


リフォームミニ講座「断熱リフォームのススメ」

 

本社二階では、「土地有効活用相談会」や「ローン借り換え相談会」
が個別で行なわれ、三和建設の営業社員がみなさんからのご相談にお答えしました。


「土地有効活用相談会」「ローン借り換え相談会」「リフォーム・新築設計相談会」が終日行なわれました

 

 

午後からのセミナーにも大勢の方々に参加いただきました。

・ハウスビズ代表 石川奈穂美氏による「プロが教えるお掃除ノウハウ」

ハウスビズ代表 石川奈穂美氏による「プロが教えるお掃除ノウハウ」


・整理収納アドバイザー 柴村真弓氏による「これでカンペキ!収納セミナー」

整理収納アドバイザー 柴村真弓氏による「これでカンペキ!収納セミナー」


RCギャラリーイベントでもおなじみのお二人のセミナー。
今回も、これからの暮らしに役立つお話がたくさんあり、みなさんお喜びの様子です。

柴村さんと石川さんとセミナーは、3月24日と4月23日にも
RCギャラリー西宮で開催しますので、お楽しみに。

 

 

1階ギャラリーでは、バルーンアートの小宮ななこさんによるバルーンワーク。
小さなお子様は大喜びです。


1階ギャラリーでは、バルーンアートの小宮ななこさんによるバルーンワーク


バルーンアートの小宮ななこさんによるバルーンワーク

 

 

本社の駐車場では、三和建設の現場監督たちもお手伝い。
貯金箱や椅子を作る木工教室が開催されました。


三和建設本社の駐車場では貯金箱や椅子を作る木工教室が開催


三和建設の現場監督たちもお手伝い 貯金箱や椅子を作る木工教室①


三和建設の現場監督たちもお手伝い 貯金箱や椅子を作る木工教室②

おっ、いいのができたねえ。

 

 

新社屋建設予定地でも、関電さんや大阪ガスさんをはじめ、協力会社さんによる催しがおこなわれ
こちらも大盛況でした。


新社屋建設予定地 ミライエブース


新社屋建設予定地 エースホームブース


この日の大創業祭でお客様と接して、私もそうですが社員たちは改めて感じる事がたくさんありました。

「お客様に幸せを届ける住まいづくり、街づくり、三和建設」

これまでもこれからも、「三和さんにお願いしてよかった!」と言ってもらえる
家創りに.取り組んでまいります。


※ みなさまへの感謝を込めて~大創業祭を開催しました!【前編】はこちら  から
※三和の素顔は こちら  から


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

みなさまへの感謝を込めて~大創業祭を開催しました!【前編】

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

みなさんこんにちは
RCギャラリースタッフの松田です。

三和建設は2月11日、1965年の創業から52周年を迎える事が出来ました。
これもひとえにお客様そして関係者皆様のご支援の賜物と、感謝申し上げます。
また今春より、宝塚市小浜の別館住まいの創造ショールーム跡地において
新しく社屋ビルの建築を予定しています。

そこで3月5日(日)、日頃のみなさまのご愛顧に感謝して、
本社屋と本社屋建築予定地を利用した「大創業祭」開催しました。


3月5日大創業祭

 

心配していたお天気も、朝より快晴。

社員はもちろん、催し物などで協力していただく企業の方々も
8時過ぎには集まっていただき、準備に朝礼と、慌ただしい朝となりました。

嬉しいことに開始時刻の10時前からお越しいただくお客様もおられ、
大創業祭がスタートしました!


2017年3月5日 大創業祭がスタート


2017年3月5日 三和建設大創業祭 受付


2017年3月5日 三和建設大創業祭 各種イベントブース受付

 

ご来場いただいた方には、ドーナッツや飲み物をご用意しています。
また引換券と交換に、ペンケースや小物入れのプレゼントもあります。


ご来場いただいた方には、ドーナッツや飲み物をご用意


引換券と交換に、ペンケースや小物入れのプレゼントも。


またご来場いただいた方の中から抽選で、リフォーム10万円券やルンバ、
コーヒーメーカーや掃除機が当るのです!

コーヒーメーカーを当てられたお客様は、以前当社で家を建てていただいた方でした。
当時の営業担当からは、「これでいつでも飲みにいけるから丁度よかったです」

家は「建てて終わり」ではありません。アフターメンテナンスも含めて、お客様に安心してお住まい
いただくことが三和建設の願いです。

 

 

別館跡地にはバスが到着しました。


別館跡地にはバスが到着


当社のモデルハウス2棟を見学いただくバスツアーが始まります。

 

三和建設の「サンヒルズ宝塚川面山手(全63区画)」に新しく誕生した『XOXO(キスキス)』モデルハウス


こちらは、当社の分譲地「サンヒルズ宝塚川面山手(全63区画)」に
先日新しく誕生した【XOXO(キスキス)】モデルハウス。

キーワードは “男前インテリア” なんです。


XOXO(キスキス)モデルハウス キーワードは “男前インテリア”①


XOXO(キスキス)モデルハウス キーワードは “男前インテリア”②


XOXO(キスキス)モデルハウス キーワードは “男前インテリア”③


今回ご参加いただけなかった方も、しばらくは常設のモデルハウスとなっておりますので、
ぜひご見学してみてください。

 

 

この日は本社でもたくさんのイベントが開催されました。

10時からは、ハンマーダルシマー奏者・稲岡大介氏と、ギタリスト・岡崎泰正氏の
ユニット“Soust” によるスペシャルライブが始まりました。


ハンマーダルシマー奏者・稲岡大介氏と、ギタリスト・岡崎泰正氏のユニット“Soust” によるスペシャルライブ


お2人には、RCギャラリー西宮でも2度演奏していただいています。
ハンマーダルシマーはいつ聞いても素敵な音色で、岡崎さんのギターと相まって
本社内に癒しの音色が広がりました。

→後半に続く

※みなさまへの感謝を込めて~大創業祭を開催しました!【後編】はこちらから
※三和の素顔は こちらから

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

おかげさまで創業52周年!大感謝祭を開催します!!

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

みなさまのお陰を持ちまして、先日2月11日、
三和建設は1965年の創業から52周年を迎える事が出来ました。

これもひとえにお客様そして関係者皆様のご支援とご厚情の賜物と改めて感謝申し上げます。

 

三和建設は2月11日で、1965年の創業から52周年


本社をはじめ、各支店や営業所、モデルハウスのフロアマットも一新です。

 

このブログでも何度かご紹介してまいりましたが、
あらためて三和建設の創業から現在に至るまでの沿革をご紹介します。

 

「三和建設の沿革-2016」①


「三和建設の沿革-2016」②


「三和建設の沿革-2016」③


「三和建設の沿革-2016」④

 

今年の経営ビジョンは、
『お客様に幸せを届ける住まいづくり、街づくり、三和建設』

全社員が思いを共有して全力で取り組み、お客様への感謝を忘れず地域に愛される
建設会社を目指して参りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

また今年、三和建設では宝塚市小浜の別館住まいの創造ショールーム跡地に
新しく社屋ビルの完成を予定しています。


三和建設新社屋予定地


別館敷地2017_01_29-1


現在は建物が解体されて、春の工事着工までは空地の状態です。


そこで、この空地と本社屋を利用し、
日頃のみなさまのご愛顧に感謝して、「大創業祭」を開催することになりました。


三和建設「大創業祭」①
※クリックで拡大します。


三和建設「大創業祭」②
※クリックで拡大します。


バルーンアートや木工教室、地震体験トラックもやってきます。

またRCギャラリーイベントでも人気のハンマーダルシマーとギターのユニット“Soust”のライブや
お掃除のプロ、ハウスビズの石川さんや整理収納アドバイザー、柴村さんのセミナーも開催します。


三和建設イベント協力者様


楽しいイベントや役立つセミナーが盛りだくさんの「大創業祭」
みなさまのご参加をお待ちしております!


※セミナーのお申込みやお問合せは・・・0120-434-118まで
※詳細は三和建設本サイトより、ご確認いただけます。


※三和の素顔は こちら   から

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

今年1年の安全を祈って・・・2017年度 合同安全祈願祭

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

みなさんこんにちは
RCギャラリースタッフの松田です。

鉄筋コンクリートモデルハウス「RCギャラリー西宮」は
1月2日よりオープンしていますが、三和建設は本日1月6日が仕事初めです。

三和建設では、毎年仕事初めの日は全社員が集まって『新年社員合同会議』を開催します。
また、毎年1月は作業現場や社員の1年間の安全と無事故、無災害を祈願する
『合同安全祈願祭』をおこなっています。

例年ならどちらも三和建設本社の会議室が会場なのですが、
今年は新社屋建て替え工事の関係で使用することができません。

そこで今年はお世話になっている宝塚商工会議所の会議室をお借りして
『新年社員合同会議』と『合同安全祈願祭』を同日におこないました。

 


2017年合同安全祈願祭①


はじめに『合同安全祈願祭』がおこなわれます。
開始前に会場に入ると、三和建設工務社員による設営の真っ最中でした。

会場が変われども、毎年のことですのでとても手際がいいですね。
あっというまに設営完了です。

 


定刻となり、全社員が席に着きました。


2017年合同安全祈願祭②


いつもお世話になっている宝塚・山本の松尾天満宮、金岡宮司様にお越しいただき、
 『合同安全祈願祭』が始まりました。

 

 

社員が見守る中、式は進みます。
「祝詞奏上」に続いて、役員並びに各部の責任者による「玉串奉天」です。


2017年合同安全祈願祭③


2017年合同安全祈願祭④


役員に続いて、営業部、RC建設部、木造建設部、品質管理部の各責任者が
全社の今年一年の安全を祈願して玉串を納めました。

 

こうして『合同安全祈願祭』は滞りなく終了しました。


2017年合同安全祈願祭⑤


家を建てる際、現場では監督をはじめ、各工種の職人たち大勢が作業しています。

作業に際しては、『安全第一』で進めていくのですが、
どの工種においても、全く危険がないという訳ではありません。

私たちには、建物の品質確保と合わせて、
三和建設の全ての現場で作業していただく方々の安全を確保する義務があります。

『合同安全祈願祭』では現場監督はもちろん、全社員がこのことを再認識し、
安全への取り組みを誓っています。

 


※三和の素顔は こちら   から

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

2016三和建設慰安旅行・・・ぐるっと四国。金比羅参りとかつおの藁焼きを堪能!その②

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

温泉で旅の疲れを癒したところで、お楽しみの大宴会のはじまりです!
はじめに社長の藪内から、社員に対して今年一年の労をねぎらう言葉がありました。


金比羅山の熊手


社長の手に握られているのは、金比羅さんの“熊手”です。
ホテルの方が「商売繁盛を!」と、当日わざわざ金比羅さんにお参りして、
買って来てくださったとのこと。どうもありがとうございます!

せっかくなので宴会の前に、今年一年の感謝と来期の健闘を誓い合い、
乾杯を合図に宴会の始まりです。


宴会の始まりです!


20代の若手社員はとにかくうれしそう。普段は見られない素顔が覗きます。


お酌に回ります!


社員旅行の宴会の席では、若手社員が日頃お世話になった上司や先輩、関連部署の方々にお酌に回るのが定番。

「今年一年、お世話になりました!」

「おおっ、また来年も頑張りや!」

社交辞令かもしれませんが、やっぱりこうしたコミュニケーションは必要ですね。


ただ・・・

お酌をすれば、必ず返杯が待っています。
お酒に強い先輩に勧められて、真っ赤な顔の若手社員たちでした。

 

 

宴もたけなわとなった頃、お待ちかねのカラオケ大会! 


三和建設の浜省


トップバッターはやっぱりこの人。
営業の森下マネージャーが、浴衣姿に自前のサングラスで浜田省吾を熱唱!
三和建設では「森省」の合言葉で、すっかり定番になっています。
大爆笑の中、皆に懇願されて結局4曲を歌い上げました!

 

社長 (左)と同期の3人で『乾杯』。


こちらは社長 (左)と同期の3人で『乾杯』。
立場や部署は違えども、同期の絆は今も健在ですね。

社員同士の笑い声と拍手が続く中・・・
四国の夜はまだまだ続くのでした。

 

 

そして2日目・・・

金比羅さんを後にして、バズは南国・高知に向かいます。
この日もお天気がよく、12月なのに上着も要らない陽気でした。

寝る間も惜しんで、飲み明かしたからでしょうか?
ほとんどの社員が熟睡している中、ガイドさんの大きな声。

『高知城が見えてきましたよ~』

 

出発してから約2時間、高知に到着しました。


高知城

 

この日は木曜日。県庁前で毎週開催されている朝市、『木曜市』を廻ります。


高知 木曜市①


高知 木曜市②


高知 木曜市③


新鮮な野菜やくだもの、美味しそうな干物が並んでいます。

『安い~!』

いつもスーパーで買っているよりもかなり安いものもあって
「買って帰ろうかなあ」
「でも荷物になりそう」
先へ先へと進む男性とは違い、女性陣は一軒一軒興味深く見て回るのでした。


「木曜市」でガイドさんのイチオシは『いも天』!


木曜市名物いも天①


サツマイモの天ぷらです。
ようやく見つけると、すでに人だかりが・・・


木曜市名物いも天②


昔は、大きなサツマイモをスライスした大判の天ぷらだったそうですが、
最近のは一口大になっていて、女性でも食べやすくなっています。


木曜市名物いも天③


「美味しい!」
みんなでアツアツをほおばるのも、旅の楽しみです。

 

高知市内には路面電車『土佐電』が走っています。
日本で一番古い歴史を持つ路面電車で、地元では「どでん」の愛称で親しまれているようです。


とさでん


とさでんの路線には『後免町(ごめんちょう)』という駅があって、すぐ近くにはJRの『後免(ごめん)』という駅があるそうです。

駅の名称がまぎらわしいと言うことで、幼少期を付近で過ごしたアンパンマンの作者、やなせたかしさんの発案により、
『後免町駅』には『ありがとう駅』という愛称がつけられたそうです。

『ごめん』の次は『ありがとう』というわけですね。

 

再びバスに乗り込んで、坂本竜馬の銅像で有名な桂浜に到着しました。


桂浜


竜馬像

 

12月とは思えないほどの陽気に包まれて、しばし海岸を散策した後は、
本日のメインイベント、「かつおの藁焼き体験」で昼食です。


かつおの藁焼き体験①

 

長い棒のついた金串に刺さったかつおを藁で焼いてたたきにします。

『棒は立てて持ってください。下に下げるとかつおがくしから落ちてしまって、ただの焼き魚になってしまうので!』

ちょっと乱暴な?おじさんの言葉通り、熱さに耐えながら、表裏と焼き終わると・・・


かつおの藁焼き体験②


美味しそうなかつおのたたきが出来上がりました。


本場かつおのたたき


「一切れ目は塩で、二切れ目は塩とわさびで、ポン酢をかけるなら最後がいいですよ」とのアドバイス。
その通りに食べてみると、さすが本場。スーパーのタタキと違って臭みがなくて、とても美味。
新鮮な本場のかつおを堪能しました。

 

本場の味を堪能し、バスの中はお土産でびっしりです。
こうして一泊二日の日程を終え、バスは帰路につきました。

みなさん、おつかれさまでした。
明日から、またがんばりましょうね!



兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

2016三和建設慰安旅行・・・ぐるっと四国。金比羅参りとかつおの藁焼きを堪能!その①

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

早いもので今年も残すところ3週間となりました。
年末に向けて何かと気ぜわしくなる中、三和建設では12月初めの定休日を利用して、
一泊二日の慰安旅行に行ってきました。

 

今回の行き先は四国。
香川県で金比羅さんにお参りし、高知県でははりまや橋や桂浜観光、
かつおの藁焼き体験を楽しんできました。

今回も昨年と同様に、普段は見られない社員たちの素顔をお伝えします。

 

快晴に恵まれた水曜日の早朝、大型観光バス2台が三和建設別館前に到着しました。
やはり大人になっても旅行は楽しみなようで、出発時刻の30分前からバスに乗り込む社員もいて、
旅行気分が盛り上がります。


2016三和建設慰安旅行 ぐるっと四国へ出発①


2016三和建設慰安旅行 ぐるっと四国へ出発②


今回の社員旅行、年末ということもあって、残念ながら引き渡し前の現場を担当している
監督さんなどは参加できませんでしたが、総勢58名のバスツアーとなりました。

 

三和建設の本社のある宝塚から四国へ渡る陸路は、
①明石海峡大橋を渡り、淡路島経由で四国を目指す『神戸・鳴門ルート』
②山陽道で岡山に入り、瀬戸大橋を渡って四国に入る『児島・坂出ルート』
があります。

一日目の目的地は香川県のこんぴら温泉。
行きは瀬戸大橋を渡る ②『児島・坂出ルート』で四国入りです。

 

岡山県児島


快晴の空の下、バスは山陽道を西へ西へと走ります。
宝塚を出発してから約2時間半、ちょうどお腹も空いてきた頃、
バスは瀬戸大橋の手前、お昼休憩の『児島観光港』に到着しました。


岡山県 児島観光港

 

昼食は瀬戸内海で取れたタコのてんぷらと釜飯です。


昼食は瀬戸内海で取れたタコのてんぷらと釜飯

 

穏やかな瀬戸内の海と島々を眺めながら、美味しくいただきました。


穏やかな瀬戸内の海と島々

 

お腹がいっぱいなったら、児島観光港をぶらぶらと散策です。
まだ旅は始まったばかりですが、みやげ物屋さんをひやかすのも旅の楽しみのひとつです。


児島観光港をぶらぶらと散策

 

お昼休憩の後、バスはいよいよ瀬戸大橋を渡ります。


バスはいよいよ瀬戸大橋を渡ります。

 

約15分ほどで、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋の中間地点、与島のパーキングエリアに到着しました。     


与島のパーキングエリアに到着             


陽光にきらめく瀬戸内の海 


陽光にきらめく瀬戸内の海がまぶしいくらいです。

 

ここで、ちょっとウンチク話を・・・


北備讃瀬戸大橋


上は北備讃瀬戸大橋で、「トラス吊橋」と呼ばれる形式の橋です。

「トラス」構造とは・・・
各部材の接合点をピンで連結し、三角形の集合形式に組み立てた構造。
湾曲力に強く、橋や屋根組みに用いられる。

よく見ると、橋の部分は三角形をつなぎ合わせた構成になっているのがわかります。
構造上、この三角形の接合部は動く(ピン接合といいます)ように設計されていて
こんなに大きな橋を架けることのできるのです。

ちなみに瀬戸大橋は6つの橋から成っていて、橋梁は「トラス橋」「吊橋」「斜張橋」の
3種類の構造形式が併設されています。
塔から斜めに張ったケーブルを橋桁に直接つないで支える「斜張橋」の構造が
橋の美しさを特徴的なものにしています。

バスガイドさんの解説では、上部が瀬戸中央自動車道、下部がJR本四備讃線の2階建になっているそうです。


斜張橋 (公社)香川県観光協会「うどん県旅ネット」より
斜張橋 (公社)香川県観光協会「うどん県旅ネット」より 

 

しばしの滞在でしたが、景色を眺める人、展望台に登る人、女性陣は食後のデザートを楽しんだり・・・
それぞれに瀬戸大橋を満喫したのでした。

 

再びバスで揺られること30分、瀬戸大橋を渡り終えるとそこは四国。
バスは金比羅宮のお膝元、琴平町に入り、
本日のお宿『湯元こんぴら温泉華の湯 紅梅亭』に無事到着しました。 


本日のお宿『湯元こんぴら温泉華の湯 紅梅亭』に無事到着


紅梅亭HPより 
紅梅亭HPより


着いて早々、荷物を置いたらいよいよ本日のメインイベント、金刀比羅宮・金比羅さんの参拝へと向かいます。

金比羅さんといえば、長い階段で有名。その段数は785段あります。
ガイドさん曰く、「786(悩む)一歩手前」だそうです。

事前情報によると、途中に休憩場所もあり、想像しているよりも登りやすい階段で、そんなに心配いりませんよとの事。


ご参拝地図


参道の地図を受け取っていざ出発です!    


いざ金比羅参りへ

 

まだ余裕の笑顔


上はまだ登り始めた頃。皆さん楽しくお話しながら、笑顔で余裕の表情。

 


金比羅山 365段目「大門」


そろそろ口数も減ってきた社員も出始めた頃、見えてきたのは365段目にある「大門」。
かつて登ったことがある社員に聞くと、だいたいこの辺りから上着が要らなくなるとの事(笑)。


御本宮へ続く最後の階段


こちらは御本宮へ続く、最後の階段です。
この階段を登りきると、ついに御本宮が目の前に。
この頃は若手以外のほとんどが無口になっていました・・・

「あと一息!」

声を掛け合いながら、一気に登ります。


全員、金比羅山御本宮に到着


こうして全員、金比羅山御本宮に到着です。

 

息を整えながら、眼下を見下ろすと・・・

美しい讃岐平野が広がっていました。


讃岐平野


お天気もまずまずで、通称『讃岐富士』と呼ばれる飯野山が遠くに見えます。
もっと快晴なら、瀬戸大橋も見えるのだとか。

境内ではここでしか買えないという、『幸福の黄色いお守り』もありました。


金比羅山限定『幸福の黄色いお守り』


みんな「ここでしか・・・」にはどうも気持ちが揺らぐようで、買い求める列ができていました。

 

参拝を無事に終え、宿に戻って冷えや筋肉痛、関節痛に効くという温泉で参拝の疲れを癒します。
女湯にはバラの花が浮かんでいましたよ。


紅梅亭 HPより
紅梅亭HPより

 

ひと風呂浴びて浴衣に着替えれば、社員旅行のメインイベント、大宴会の始まりです。


社員旅行のメインイベント大宴会の始まりです。


大広間には、58席分のテーブルがずらりと並んでいます。

「今日は無礼講!」

大型盛り上がりの大宴会が始まりました!

 

2016三和建設慰安旅行・・・ぐるっと四国。金比羅参りとかつおの藁焼きを堪能!その②へ続く



兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

モデルハウスで『月刊フローリスト』の撮影をおこないました!

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

こんにちは。
RCギャラリーの最年少スタッフ、齊藤です!

 

今年も早いもので年末が近づいてまいりました。
皆さま今年はどのような一年でしたでしょうか?
私は大学を卒業し、社会人としてスタートを切った一年で
あっという間の一年でした。

今年もあと僅かですが、風邪などひかないようにして
気持ち良く新年を迎えたいと思います。

 

 

先日、モデルハウスで花の専門誌『月刊フローリスト』の撮影がおこなわれました。
今回は少しだけその撮影の様子をご紹介します。

1984年創刊の『月刊フローリスト』はフラワーデザイナーをはじめ、
プロを目指す人や家庭での花飾りを楽しむ人のための花のアートとビジネスの情報誌です。


モデルハウスで『月刊フローリスト』の撮影をおこないました!①


毎月の特集では、海外・国内トップデザイナーによる季節ごとのアレンジメントやブーケ、
テーブルコーディネートやディスプレイのほか、花のイベントや花に関する情報が満載で
関連業界の方にとって必携の花の雑誌だそうです。

 

 

今回は、いつもテーブルコーディネートをお願いしている佐藤さんからのご紹介で
私たちのRCギャラリー西宮が撮影の場となりました。

 

当日、朝早くから撮影スタッフの方々が到着し、さっそく撮影スタートです!

 

モデルハウスで『月刊フローリスト』の撮影をおこないました!②


モデルハウスで『月刊フローリスト』の撮影をおこないました!③


テキパキとスタッフの方々が動き回り、季節毎に美しくコーディネートされたテーブルにカメラが向けられます。

みなさんに彩られたテーブルをご紹介したいのですが・・・
残念ながら、雑誌が発行されるまでテーブルコーディネートの写真はNGです。すみません。

 

 

モデルハウスで『月刊フローリスト』の撮影をおこないました!④


こちらは屋上テラスでの撮影の様子。
色合いからすると、やっぱり春のイメージでしょうか?

 

編集の方にお聞きすると、今回撮影分は2017年3月号(2月発売)に掲載予定だそうです。
『月刊フローリスト』は大型書店の店頭に置いてあります。
ちょっと先ですが、みなさんもぜひご覧になってみてください。



※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら

※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

こちらも大盛況!LIXIL住まいるフェアに行ってきました!

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

皆様、こんにちは。

RCギャラリースタッフの吉川です。

 

今年もいよいよ残り一ヶ月となりました。
12月は「師走」と呼ばれ、そのいわれは諸説ありますが、
師匠の僧がお経をあげる為に東西を馳せる月であることから
「師馳す」となったともいわれています。

 

年末に向けてやらなければならないことがたくさんあって、
何かと慌ただしくなりますが、この時期は車の事故も多発する時期です。
どうぞみなさん、ゆとりを持った運転を心がけてください。

 

 

本日12/3、国内最大手の住宅建材メーカーLIXILさんの住まいるフェアが
LIXILショールーム南港で開催され、三和建設からもお客様とスタッフ総勢40名が
大型バスに乗り込んで参加してきました。


LIXILさんの住まいるフェア-三和建設からも大型バスに乗り込んで参加


LIXILショールーム南港


今回のバスツアーの主催者は、三和建設グループでリフォームを扱う「リフレ三和建設」です。

 

フェアでは、新築やリフォームをこれから計画されるお客様向けに、
住宅設備機器の実演や住まいのお手入れセミナーなど、楽しいイベントが用意されています。


「三和建設のお客様はこちらでぇーす!」


「三和建設のお客様はこちらでぇーす!」

時刻は10:00
スタッフがお手製のプラカードを掲げて、ショールーム見学ツアーのスタートです。

 

LIXILさんのショールーム南港はとにかく広くて、床面積約3000坪!
展示数ともに西日本最大級の住まいに関する総合ショールームなのです。

 

皆さまにはゆっくり見て廻っていただきたいのですが、
昼食会場を12:30にご用意しているため、駆け足でのツアーになりました。
参加された皆さま、慌ただしくてどうもすみません。

 

 

各ブースでは、LIXILの女性スタッフさんが商品の特徴やポイントを
分かりやすく説明してくれました。


女性スタッフさんが商品の特徴やポイントを説明


こちらは省エネ・断熱リフォームの定番になっている内窓の「インプラス」です。
今あるサッシの窓枠に取り付けるため、工事が1日で完了できるのが魅力です。

窓が二重になることで防音効果も期待出来るので、
新築住宅の場合でも道路沿いや線路沿いの部屋に採用することもあります。

 

 

LIXILサンウェーブのシステムキッチン「リシェルSI」のカップボード


こちらはLIXILサンウェーブのシステムキッチン「リシェルSI」のカップボードですが、
デッドスペースになりやすいコーナー部分を有効利用できるようにとL型レイアウトにも対応しています。

 

 

食洗機のスケルトン実演


これはなんでしょうか?

じつは食洗機のスケルトン実演なんです。
蓋を閉めた後、どんなふうに食器を洗っているのかがよく分かりました。

ビルトインタイプ(システムキッチンに組み込むタイプ)の食洗機が本格的に普及し始めて
かれこれ10年以上が経っているはずです。

キッチンはまだまだ現役でも、食洗機はそろそろ買い替え時かもしれません。
システムキッチンの場合、各メーカー共にサイズが統一されていますので、
食洗機のみを入れ替えることも可能です。最近では容量の多い深型が特に人気ですね。

 

 

IHコンロの実演


こちらのブースではIHコンロの実演をやっていました。
IHをお使いのお客様よりよく質問を受けるので、スタッフの方に質問してみました。

「ガラストップ表面の汚れはどうすれば取れますか?」

ガラストップは強化ガラスになっていて、少々のことではキズが付きにくいそうです。
ですからこびりついた汚れはクリームクレンザーでこすって落とし、
キッチンペーパーでふきとればOKとのことでした。

 

リフォームの新商品「フロアインプラス


私が「これ、いいな」と思ったのがこちら。
リフォームの新商品「フロアインプラス」です。

今あるフローリングの上に12ミリの真空断熱材を敷きこんで、その上に新しい床仕上げを施工します。
12ミリの薄さでグラスウール215ミリ厚と同等の断熱性能を発揮するそうで、
従来の床下断熱改修では、床をめくり上げて断熱材を敷き込んだり、
床下に潜りこんで吹き付けたりしていた手間が大幅に省略できるはずです。

 

 

こうしてあっという間にツアーは終了し、ロビーで記念の集合写真を撮影しました。


ロビーで記念の集合写真

 

 

さて、これからみなさんお待ちかねの昼食会場に移動です。
お昼はWTCコスモタワー48階のレストランでいただきました。


WTCコスモタワー48階のレストラン


スタッフも仕事を忘れて夢中でいただいております


スタッフも仕事を忘れて夢中でいただいております。どうもすみません・・・

 

遠くに見えるのは生駒の山々でしょうか?


遠くに見えるのは生駒の山々でしょうか?
高いところから眺める景色に、大人も子供も嬉しそうです(笑)


お腹も一杯になったところで、今回のツアーは終了です。
再びバスに乗り込んで帰りの途につきました。

駆け足約5時間のツアーでしたが、皆様にお喜びいただいたようで
スタッフ一同ホッと安堵しておりました。

リフレ三和建設では、これからもこうしたバスツアーを定期で開催する予定です。

 

「百聞は一見にしかず」

 

最新の住宅設備を体感する絶好の機会です。
皆さまのご参加をお待ちしております!

 

リフォームの情報はこちらから!↓
 
戸建て・マンションのリフォームから店舗や大型建築物の改修工事まで!リフレ三和建設 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

三和建設・新社屋建設プロジェクトが進行中!

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  
 

こんにちは。

RCギャラリースタッフの沖田です。

 

 

私たちスタッフは普段は西宮市の鉄筋コンクリートモデルハウス「RCギャラリー西宮」に勤務していますが、

三和建設本社は宝塚市にあります。

 

西宮のモデルハウスから、宝塚の三和建設本社に向かうには

国道171号線の甲武橋交差点を左折して、武庫川の河川敷沿いを通ります。

 

 

この辺り、春は桜の名所として人気で、毎年通るのが楽しみなのですが、

この時期、赤やピンク、白やオレンジのコスモス畑が広がって人気スポットになっています。


武庫川の河川敷沿い


コスモス


あまがさき武庫川コスモス園 場所


尼崎市のホームページを見ると、河川敷はかつてゴミの不法投棄などで荒れ果てていたのを、

地元住民が中心となる市民グループやボランティアの方々の努力により、

見事なコスモス園に生まれ変わり、昨年より公開しているとのことです。

 

7区画、約550万本分のコスモス畑が広がり、阪神間の秋の花の名所として

たくさんの方が見物に来られるようです。

 

開催期間は10月下旬から11月中旬頃までとなっています。

秋の行楽に、みなさんも出かけてみられてはいかがですか?

 

 

 

今年5月にオープンしたRCギャラリー西宮に続いて、

三和建設では2016年もう一つ大きなプロジェクトが進行中です。

 

 

住まいの創造ショウルームとして利用していた宝塚の三和建設別館を

本社機能を持った鉄筋コンクリート造6階建の新社屋に建て替えるプロジェクトです。


三和建設別館
※Google MAPより

 

上は解体前の別館の様子。

グーグルマップでは、まだ在りし日の別館がご覧いただけますが、

10月中旬から始まった解体工事はどんどん進んでいて、RC造3階建ての建物は

ほとんど外周部分を残すのみになっています。


三和建設別館 解体開始


ながらく過ごした自分たちの職場が壊されていくのを見ると、

やっぱりちょっと寂しい気がします。

 

 

別館の前には阪神バス「小浜」のバス停があります。

バス停のある歩道沿いの仮囲いには、新社屋建設プロジェクトを社員の顔写真と合わせて紹介しています。       


仮囲いには、新社屋建設プロジェクトを社員の顔写真と合わせて紹介①


仮囲いには、新社屋建設プロジェクトを社員の顔写真と合わせて紹介②


三和建設社屋建替工事 仮囲いメッセージ  

 

工事の完成は2017年末の予定です。

 

社員は新社屋の完成を心待ちにしておりますが、工事期間中は近隣のみなさまや

通行されるの方々には大変ご迷惑をおかけすることになります。

 

工事に際しては細心の注意を払って進めておりますので、ご理解いただくようお願いします。

 

※前回の記事はこちらから→今までありがとう・・・~三和建設別館 感謝の集い~
※三和建設・新社屋建設プロジェクトに関するブログはこちら


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

今までありがとう・・・~三和建設別館 感謝の集い~

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  
 

三和建設別館ショールーム


2004年(平成16年)、宝塚市小浜にて開設された三和建設別館「住まいの創造ショウルーム」。

 

12年間の永きにわたり、毎日ていねいに掃除をし、補修したり、リフォームしたり、
大切に活用してまいりましたが、老朽化に伴い、このたび心機一転、建替えることとなりました。

 

宝塚市旭町の本社と合わせて、三和建設のシンボルとも言える建物だけに、

大変淋しい気持ちではありますが、これからも更に地域のシンボルとなるような建物に

生まれ変わるべく、10月より解体工事に着手いたします。

 

 

解体工事を控えた先日、別館使用最後の日ということで、これまでの感謝の気持ちをこめて、

『別館感謝の集い』が行なわれました。


ありがとう別館!!


2016.09.27三和建設別館感謝の集い


普段は支店、営業所、展示場で別勤務となる社員たちも、この日は一同に会し、

別館での最後の集いに参加しました。

 

社長より、別館への感謝の気持ちと、あたらしい三和建設社屋建設への思いが述べられ、

乾杯がされました。


ホットプレート風景①  ホットプレート風景②


『においがついても、最後だから大丈夫?』

今回は総務企画部のアイディアで、社員にホットプレートの貸し出しを募り、

鉄板焼きパーティーとなりました。各テーブルからいい匂いが漂ってきます。

 

 

そして、今回ももちろん当社音楽同好会が盛り上げます。

設計の伊藤所長(右)はトランペット、営業の伊藤社員(左)はサックス、

W伊藤の演奏からスタート。


三和建設音楽同好会①


みんなが知っている曲をラインナップという事で・・・

正露丸のテーマ(!)からスタートしてつかみはOK(笑)。

そして曲目は以下の通り。

・fly me to the moon

・Bitter sweet samba(ラジオ番組やビールCMのテーマ曲でおなじみですね。)

・君といつまでも(渋い!懐かしい!)

・鉄腕アトム

・地上の星(中島みゆき)

いつ聴いても安定感のあるお2人の演奏でした。

 

そして今回は女性陣も歌で魅了してくれました。


三和建設音楽同好会②


みなさんで『待つわ』の替え歌を作り、別館の建て替えが終るまでの心境を

リアル(?)に歌い上げます。

別館で過ごした人なら分かる、絶妙な歌詞に会場から笑いがこぼれます。

 

 

新社屋コンセプト説明


そして、設計部の田村部長より、三和建設新社屋のコンセプトが説明されました。

『地域に溶け込み、シンボルとなるような、そして、社員の為の社屋に・・・。』

 

皆さん、建替え後の様子を楽しみにしながら、プランの説明に耳を傾けました。


新社屋プラン

 


永年ともに過ごした別館への名残惜しい気持ちと、これから始まる新社屋工事への

期待を胸に、最後はRC建設部の平山部長の挨拶と1本締めでお開きとなりました。

 

別館から本社へ引越しの社員の皆様、引越し担当の社員の皆様、大変お疲れさまでした。

 

 

しばらくは宝塚市旭町の本社にて営業して参ります。

近隣の皆様、お客様におかれましては、工事中は何かとご不便をおかけするかと存じますが、

安全第一で参ります。何卒、よろしくお願い申し上げます。

 

※続きはこちらから→三和建設・新社屋建設プロジェクトが進行中!
※三和建設・新社屋建設プロジェクトに関するブログはこちら


兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。