壁紙選びのお役立ちサイト~サンゲツHPより~

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

日中、厚手の冬物コートが荷物になるほどの暖かな陽気が続いています。
桜の便りも聞こえ始め、2週間後には開花の時期を迎えます。
『RCギャラリー西宮』モデルハウスのすぐ近く、夙川駅周辺は
関西の「さくら名所100選」に選ばれるほど、見ごたえのあるお花見スポットです。
今から満開の季節が楽しみです。

 

『RCギャラリー西宮』の庭先でも、少しずつ、春を迎える準備が進んでいます。


ハヤトミツバツツジのつぼみ

ハヤトミツバツツジのつぼみ

 

ツバキの仲間、エリナのつぼみ  

ツバキの仲間、エリナのつぼみ

RCギャラリー西宮は、昨年5月のオープンからはじめての春を迎えます。
今春、開花を見るのが初めてという種類も多く、どんな花を咲かせてくれるのか、
今から楽しみです。

 

 

3月といえば、引越しのシーズンですが、
最近では新築戸建だけでなく、賃貸マンションでも入居者が好きな壁紙を選べる物件もあるそうです。
でも膨大な色柄の中から、お部屋のイメージに合わせて壁紙を選ぶのは簡単ではありません。
本日は、迷える方にきっとお役にたてる、サンゲツさんのHPをご紹介したいと思います。


サンゲツHP
サンゲツHPより


『たくさん有りすぎて、分らなくなってきた・・・(汗)』
『白系はどれも同じに見えてしまう・・・』

 

そんな時に参考になるのが大手ファブリックメーカー、サンゲツのHPです。


サンゲツHP『デザインしよう』サンゲツHP『デザインしよう』より

写真右側、『アイテム選びのヒント』より、『壁紙の選び方』をクリックすると・・・

 

サンゲツHP『アイテム選びのヒント』サンゲツHP『アイテム選びのヒント』

壁紙の選び方というタブが出てきました。
他にも床材、カーテン、椅子生地まで・・・。
さすが幅広い商品を使う大手ファブリックメーカー、心強いですね。

 

1~6つのポイントについて、順番に壁紙の選び方が解説されています。 
サンゲツHP『①どのような部屋にしたいかイメージしましょう』

サンゲツHP『①どのような部屋にしたいかイメージしましょう』



中でもとても参考になると感じたのは、2番目に紹介されているこちら。

サンゲツHP『②床材やドアの色調と合わせて基本色を考えましょう』

サンゲツHP『②床材やドアの色調と合わせて基本色を考えましょう』


ベースカラーとして最も選ばれるのは、部屋が明るく、広く見える白色系ですが、
見本帳には膨大な数の白色系の壁紙があって、壁紙選びをしているうちに、一体どの色がいいのか判断に困る事が
多々あります。
選択肢を絞りたいときに、床の色やドアの色から考えていくと、失敗が少なく、配色的にもまとまりのある空間に
仕上がると思います。

 

まさに私自身が自宅のリフォームの時、気に入った壁紙の色と選んだ床材の色が、合っているのかどうか悩んで
おりました。

床材と壁紙


白系はどの色にも基本的には合うと思うのですが、長く過ごす空間で、毎日眺めるアイテムですから、
納得して満足する選択ができたらベストかと思うのです。

他にも『床・壁・天井のバランス』や『機能性壁紙の選び方』、今流行りの『アクセントクロスの使い方』など、
これから部屋づくりをされる方へのお役立ち情報が満載です。


建材や内装メーカーのHPは、今家を建てていない方にも役立つ情報がたくさんあります。
現在の暮らしに活用できる情報も発信されていますので、随時このブログでもご紹介してまいります。
 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設

宅内への引き込みが無いと費用がかかります!上下水道調査

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

みなさんこんにちは
RCギャラリースタッフの松田です。


建物を計画する際、私たちが始めに調査する項目のひとつに
「ライフライン」があります。

電気やガス、水道や下水配管が主な調査項目ですが、
電気やガスについては、現状が山林や田畑でない限り
引き込みや使用について大きなコストがかかることはまずありません。

ライフライン調査のうち、私たちが最も知りたいのが
上水道や下水配管の宅地内引き込みの有無や口径なのです。

もし、計画地に上下水配管が無い場合には
前面道路の本管から宅地までの引き込み工事をおこなう必要があります。

 


上下水配管 前面道路の本管から宅地までの引込工事

 

イラストは上水道の場合ですが、引き込み工事をおこなうためには
一時的な道路の通行止めや交通規制が必要ですし、
道路舗装(アスファルト)の仮復旧や本復旧工事もおこなわなければなりません。

水道本管の位置や道路幅員など、案件毎の条件にもよりますが、
引き込みには数十万の工事費用が必要となり、これらは事業主(施主)負担です。
ですから、私たちは詳細な調査をおこなって、予算組みをすることにしています。

またこれまでに建物が建っていた土地や、古い分譲地などでは、
宅地内の引き込み配管はあるものの、配管の口径が細い(13ミリが多い)場合や
鉛管を使用していることもあり、新たに引き込み替え(一般住宅なら20ミリ以上)
が必要なケースもあります。

 

 

下水道も同様に、宅地内に汚水最終マス(前面道路の下水本管と接続済)が無い場合には
引き込み工事が必要となります。


下水道 宅地内に汚水最終マスが無い場合引込工事が必要


最近の汚水最終マスは上のような西宮市のマークの入った小口径マスとなっています。
古い宅地では、昔の鋳物製やコンクリートマスが使われていることもあって、
小口径枡に取替える費用も見ておかなければなりません。

 

 

 

先日、芦屋市内でコンクリート住宅をご計画されているお客様からの依頼で、
芦屋市水道局へ行ってきました。


芦屋市水道局

 

 

まずは上水道課から。


上水道課


窓口にあるモニターをタッチして水道管台帳を検索し、管の種類や口径を調べます。


窓口にあるモニターをタッチして水道管台帳を検索


管の種類や口径を調査①


管の種類や口径を調査②


昔は大きな紙の台帳に記載されていましたが、今やタッチモニターにて確認出来る行政がほとんどです。
該当する場所を拡大すると、本管の口径や種類、引き込み管の有無、メーター口径がわかります。

 

 

次に下水道課です。


下水道課


こちらも下水道台帳はタッチパネル式となっております。


下水道台帳はタッチパネル式


下水本管口径や引込有無、宅内汚水最終マス位置調査①


下水本管口径や引込有無、宅内汚水最終マス位置調査②


台帳を開くと同様に下水本管の口径や引き込みの有無、宅内汚水最終マスの位置がわかります。

 


参考までに・・・
下水道の排水方式には「分流式」と「合流式」があります。


下水道の排水方式「分流式」

 

分流式の場合、雨水と雑排や汚水は別に分けて排水します。


合流式は、汚水と雨水を同じ管路で一緒に下水処理場まで送る方式です。
道路に降った雨水も家庭内も汚水も一緒に下水処理場に流れ込みます。

合流式は大阪市内では多い方式で、芦屋市でもほとんどが分流式となっていますが、
一部は合流式となっているエリアもあります。
分流地域なのか合流地域なのかは、窓口で訪ねると教えてくれます。


今回は窓口に出向いて調査をおこないましたが、
行政によっては担当局のHPでも調べることができます。
(※市町村によっては閲覧できない場合もあります。)

上水道も下水道も、これら台帳を見れば大体のことは分かるのですが、
じつは「台帳に記載されている内容と現地が違っている」なんて事もよくあるので、
かならず現地も確認する必要があります。

 


今回は上下水道の調査について、スタッフの松田がご紹介しました。

建物を計画する際には、その土地毎に法令や条例の規制が異なるため、
お客様から依頼をいただく毎に、私たちが行政の窓口や現地に出向いて調査をおこなっています。

皆さんにはあまりお伝えしていない行動ですが、
こうした調査は家創りには絶対に外すことのできない重要な過程なのです。

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

家も着せ替え?!~内装カラーシミュレーション~

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

ここ数日は小春日和・・・。
土日からまた寒さが戻ってくるとの予報ですが、
信じられないくらいの穏やかな陽気ですね。

三寒四温をくりかえしながら、春に近づくこの時期、
服装選びが少し手間ではありますが、インフルエンザに花粉症とこまめな対策が
必要な時期でもあります。
季節の変わり目。体調を崩さないようお気をつけ下さいね。

 

さて、本日は内装選びにお悩みの方へ便利なサイトをご紹介。
洋服のように容易に替えられない、お部屋の内装・・・。
頭の中のイメージがイマイチ漠然としていて、選択するのも、相手に伝えるのも難しいといった場合に、
役立つサイトを集めてみました。

 

こちらはパナソニックのHPより、「インテリアシミュレーション」のページ。


パナソニックHP インテリアシミュレーション①

※パナソニックHPより→インテリアシミュレーション

 

カラーコーディネーション(写真上・中央下)をクリックすると・・・


パナソニックHP カラーミュレーション
※パナソニックHPより→カラーコーディネーション

 

部屋を選んで、実際の製品のカラーイメージを使って、
床・建具だけでなく、窓枠など細かなところまで、シミュレーションする事が出来ます。


パナソニックHP リビングカラーミュレーション


パナソニックHP リビングカラーミュレーション②
※パナソニックHPより


保存しておいて比較すれば選びやすいですし、家具を選ぶときにも、役立てることができますね。

 

他には無いかと見ていると・・・
こちらはLIXILのHP。住宅デザインシミュレーションのページ。


リクシルHP 住宅デザインシミュレーション
※LIXIL HPより→住宅デザインシミュレーション


こちらも実際の製品のカラーイメージを使って、好みの内装イメージを作っていくのですが、
外観イメージと室内イメージを同時にシミュレーションできる仕組みとなっています。


リクシルHP 外観と室内イメージ
※LIXILHPより→住宅デザインシミュレーション


外観と内装は同時に目にする訳ではないですが、コンセプトや理想の暮らしがしっかりと決まっている場合、
調和させながら造り上げていく方が、より満足度の高い家づくりとなるかと思います。

 

一昔前は、サンプルなどを使ってインテリアやカラーのイメージボードを作るのが主流でしたが、
最近では、HPでこういったページを用意しているメーカーも多く、昔に比べればイメージを形にすることが
容易になってきました。


永大産業HP カラーシミュレーション

※永大産業HPより→カラーコーディネートシミュレーション


大建工業HP カラーシミュレーション
※大建工業HPより→空間シミュレーション


パソコンだけでなく、メーカーのサイトによってはスマホのアプリなどでも気軽にシミュレーション
できます。
共働きのご家庭も多い中、空き時間を使って、ご家族間のイメージを共有するのにも役立ちますね。


あくまでWeb上のイメージシミュレーションですから、実際の素材感や色はショールームの展示や
使用事例をご覧になるのが一番ですが、ショールームに行く前にイメージを固めて、見る商品を絞って
おけば時短にもなりますし、数多くの商品が並ぶ中、目移りして迷うのも防げます。


ほとんどの方にとって、家づくりは一生に一度の慣れない買い物。
こういったサイトの利用により、漠然とした頭の中のイメージを整理できるかと思います。
ぜひ参考になさってみてくださいね。
 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設

鉄筋コンクリートの家は建てられない?・・・都市計画道路区域内の建築制限

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

こんにちは。
RCギャラリースタッフの松井です。

今回は、私が担当している高槻市内で建設中の“重量木骨”SE構法の家
についてお伝えします。

 

市内中心部にあるこちらの計画地は、都市計画法によって定められた
『都市計画道路』の予定地に該当しています。

『都市計画道路』とは、地域内の円滑で安全な交通の確保、安全な歩行者空間の必要性,
防災性の向上などの観点から、自治体がまちの将来を考えて都市計画法に基づき計画する道路です。

急速にまちづくりが進められた高度経済成長期の頃に決定された計画が多いようで、
現在では計画を実施するのが困難な道路もあって、最近では計画廃止などの見直しも行われています。

都市計画道路の情報は、各市町村の都市計画課でも確認できますし、
最近ではホームページでもご覧いただけます。(下は西宮市の都市計画施設図です。)


西宮市の都市計画施設図


『都市計画道路』の区域内で家を建てる際には、建築物に一定の制約がかかります。


下は高槻市のパンフレットです。
高槻市のパンフレット


パンフレットの記載を見ると『都市計画道路』の区域内では、主な構造部が「木造」「鉄骨造」
「CB(コンクリートブロック)造」などとしなければなりません。

言い換えれば、「鉄筋コンクリート造」の建物は建てることが出来ないのです。

将来、『都市計画道路』整備の条件が整って道路を拡幅する際、
容易に除去できないであろうRC建物は建ててはいけません、ということなのです。


今回、お施主様からの住まいに関する一番のご要望は
『集中豪雨や河川の氾濫で1階部分が水に浸かっても、大丈夫な家を建ててほしい』
ということでした。
計画では1階部分はガレージと玄関が主で、居住空間は2階と3階になっています。


その時、真っ先に思いついたのは「RC造なら水に浸かっても躯体は大丈夫」
でしたが、『都市計画道路』の区域内では残念ながらRC造は建築できません。

それならば、「1階をRC造+2階3階を木造」とした「混構造」はどうなのかと
確認しましたが、こちらも建築は不可との回答でした。

結局、木造か鉄骨造での3階建てしか建築できないかな?と思っていましたが、
木は水に浸かると腐りますし、鉄も錆びてしまいます。

そんな折社内の技術者から、耐震性に優れた“重量木骨造”SE構法を採用し
浸水想定高さまで鉄筋コンクリート基礎を高くする提案がありました。

一般的な木造住宅のコンクリート基礎の立ち上がりは約60cmです。
提案ではこれを人の背丈ほどの1.5Mにするものでした。

さっそく行政の窓口で確認すると、「これなら建築可」とのこと。
これならお施主様のご要望を満たすことができます。


実際の基礎の施工の様子がこちらです。


実際の基礎の施工の様子


主に建物の外周部の基礎高さを1.5Mとしています。
SE構法の場合、専属の構造設計担当が全棟構造計算をおこなって安全性を確認しますので
こうした“規格外”の提案にも柔軟に対応できるのです。


今回の計画では、社内の技術者たちがさまざまな角度から
「お施主様の要望を実現する」ために知恵を出し合いました。

三和建設は今年創業52年目を迎えました。
2017年度、三和建設の経営ビジョンは
「お客様に幸せを届ける住まいづくり、街づくり、三和建設」

これまでもこれからも、一邸一邸真剣に丁寧に、
家創りに励んでまいります。
 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

美観を損なう白華(はっか)は早めの措置が肝心です

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
 

皆様、こんにちは。
RCギャラリースタッフの吉川です。


まだまだ寒い日が続きますが
皆様、体調管理にはくれぐれもご留意いただき
風邪やインフルエンザにはお気をつけください。


今回はコンクリート建物や、モルタルを使ったレンガ積みやタイル貼仕上げで
よく見かける「白華現象(エフロレッセンス)」について書きます。


白華現象(エフロレッセンス)①


白華現象(エフロレッセンス)②


白華現象(エフロレッセンス)④


白華現象(エフロレッセンス)③


白華(はっか)とはコンクリートやモルタル内の水酸化カルシウムが、
クラック(ひび割れ)等から侵入した水に溶けて表面に移動し、
空気中の二酸化炭素と反応して白い跡(炭酸カルシウム)になる現象です。

きれいに出来上がったコンクリート壁や床仕上げも、白華が発生すると
美観が損なわれてしまいます。二枚目の画像は分譲マンションの御影石張りエントランス床ですが
黒い床材に白い白華は良く目立ちます。


それでは、どうして白華が発生するのでしょうか?

一般的に白華現象は工事直後がもっとも発生しやすいと言われています。
当社のカスタマーサービスの担当者に聞くと、
南や西面の日当たりの良い部位に発生する場合が多いようです。

また夏場よりも冬場の気温が低い時期で雪や雨で湿度が高い場合、
梅雨や雨が降り続き、湿度が高い状態が続く時に発生しやすいともいわれています。


セメントを使ったコンクリートやモルタルは施工直後から硬化を始めます。

この時、中の水分が少しずつ蒸発するのですが、日当たりのいい南側の部位などは
表面の蒸発スピードが速くなります。

この時、屋外の湿度が高いと、コンクリートやモルタルの表面は
大気中の水分を吸い込みやすくなり、水酸化カルシウムと二酸化炭酸が反応して
白華が出てくるのです。


現場では白華が発生しないように、注意して施工しているのですが・・・
残念ながら、白華を完全に防ぐことは難しいのです。
ただ白華によって建物の構造強度や耐久性が損なわれることはありませんので
安心してください。

白華が発生した場合の対処方法として、発生の初期段階では水洗いやブラシで
こするだけでも落とすことができます。

ブラシでこすっても落ちなければ酸性の専用液剤で落とすことになりますが
大理石や御影石、鉄部など材料によっては染みや変色、錆の原因にもなるので
作業には注意が必要です。
 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

手洗いとうがいだけじゃない!・・・住まいで出来るインフルエンザ対策

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

ここ一週間ほど、関西でも朝夜は氷点下を記録するほど、寒い日が続いていましたが、
今日は久しぶりに暖かな日差しが戻ってきました。

とはいえまだ1月。春はまだまだ先で寒い日は続きます。
ここ最近、周りではインフルエンザにかかったという声をよく耳にします。
例年11月頃から流行が始まり、1月~3月の間に流行のピークを迎えるインフルエンザ。
手洗いうがいなど、様々な対策を講じているご家庭も多いかと思います。

今回は、住まいの中のインフルエンザ対策を
RCギャラリースタッフの山田がご紹介します。


まずは玄関。
外出先で過ごして帰宅した後、真っ先に入るのが玄関ですが、
着用していたコートや手袋にはウィルスが付着しているかもしれません。
よく着るコートや手袋は玄関で脱いで、室内へ持ち込まないのがポイントです。

玄関先にコート掛けを設け、靴を脱ぐ前にコートを脱ぐことで、
室内へウィルスの持ち込む量を減らすことができます。
ちなみに我が家では玄関先にアルコール入りのスプレーを置き、
玄関でコートを脱いだら、一拭きしするようにしています。


コートかけ


玄関のスペースに限りがある場合は、天井と床に突っ張り棒のように固定する物や
壁に立てかけるだけのものなど、スリムで邪魔にならないデザインのものをご検討ください。

 

これから建築をお考えなら、ぜひおすすめしたいのがシューズクローゼット。
玄関横に靴だけでなくコートも収納できる空間を設けることをおすすめします。


シューズクローゼット


花粉症の方にも効果的ではないでしょうか?

 

シューズクローゼットのスペースを確保するのが難しければ、
コート掛け付きの玄関収納なども最近は発売されています。


パナソニック クロークボックス


こちらはパナソニックの『クロークボックス』。
上の写真は、コート収納プランですが、他にも園芸用品やレジャー用品が収納できるプランなど、
用途に合わせて対応力の高い商品です。

 

これから建築をお考えの方にご提案をもう一つ・・・
玄関のすぐ近くに、手洗いコーナーがあると、衛生面のクオリティーはさらに高くなります。


TOTOセラ TOTO HPより


動線上に、上着を脱いですぐに手洗いが出来る環境が整っていれば、
子供たちも自然と手洗いの習慣が身につきますね。

 

次に湿度管理。
1961年に発表されたインフルエンザウイルスと湿度、温度の関係についての研究結果をご紹介します。

温度21~24度、湿度50% → 6時間後のウイルス生存率 3~5%
温度21~24度、湿度20% → 6時間後のウイルス生存率 60%

温度7~8度、湿度50%    → 6時間後のウイルス生存率 35~42%
温度7~8度、湿度22~25%  → 6時間後のウイルス生存率 63%

温度32度、湿度50% → 6時間後のウイルス生存率 0%

室温が低く、乾燥気味の室内ではインフルエンザウィルスは生存しやすいのです。
冬場は特に適正な室温(20℃以上)と湿度(50~60%)を保つことが重要です。

乾燥気味になる冬場には、加湿器をお使いの方も多いと思います。
部屋の広さによって必要な加湿量は変わります。
パナソニックさんのHPに、加湿器の加湿能力と適用床面積が記載された表がありました。


パナソニックエコシステムズ【定格加湿能力と適用床面積】
※パナソニックエコシステムズHPより【定格加湿能力と適用床面積】


使用条件によって必要な加湿量を計算することができるページもあります。

パナソニックエコシステムズ【必要な加湿量 計算】
リンク先:http://panasonic.co.jp/es/peses/products/iaq/humcalc.html

 

これから加湿器を購入される場合、『湿度60%』を保つにはどのくらいの加湿能力がある
商品を選べばいいのか、目安になるはずです。

またティートゥリーやユーカリなどのアロマオイルにはインフルエンザウィルスにも効果があるそうです。
(こちらのブログ『アロマで殺菌?』もご参照下さい。)
加湿器がなくても、濡れたバスタオルを一枚、部屋に干しておくだけでも乾燥を防ぐ事ができますよ。

 

もうひとつ、インフルエンザ予防に効果的なのが「換気」
インフルエンザに感染した人がくしゃみや咳をした場合、
ウィルスはおよそ2~3時間、室内を浮遊しているそうです。

人は一人当たり1時間に6帖ひと部屋分の空気が必要とされています。
24時間換気システムを導入されている場合は機械的に空気の入れ替えが行われていますが、
そうでない場合は意識的に行う必要がありそうです。

調べてみると、6〜8畳の部屋なら窓を5分程度開ければ、
室内の空気はほぼ全部入れ替わるのだそう。
効果的な換気は、1日1回以上行うのが理想的です。

「そうはいっても、寒いからつい面倒で・・・」
そんな方にはキッチンやお風呂、トイレの換気扇を利用することで、
計画的な換気を実践する方法もあります。
(こちらのブログ『キッチンレンジフード~常時ボタンって何?~』もご参照下さい。)

 

今回は住まいの中のインフルエンザ対策について山田がお伝えしました。

インフルエンザは一人が感染すると、家族や同僚にも迷惑のかかってしまいます。
感染要因を理解し、賢く予防に努めてみてください。
最初は大変かもしれませんが、習慣にしてしまえば、リスクはぐっと下がりますよ!

 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

がけ地での建築のポイント・・・兵庫県「がけ条例」解説

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

皆様、こんにちは。
RCギャラリースタッフの吉川です。

今週からまた強い寒波が押し寄せ、
ここ関西でも各地で雪が積もるとの予報が出されています。


関西でも各地で雪が積もるとの予報

雪が積もり凍結した道路は、車も歩行者も注意が必要です。
不要不急の外出は控え、お出かけの際は時間に余裕を持つなど
十分な対策を講じてください。

 

 

西宮や芦屋エリアの山手で土地をお探しの方からよくお話をいただくのが、
「道路と敷地」「敷地と隣地」にかなりの高低差のある敷地での建築相談です。


「道路と敷地」「敷地と隣地」にかなりの高低差のある敷地での建築相談


「敷地が広く、眺望抜群の好立地にもかかわらず、周辺相場よりかなり安い」
こういった土地ではよくあるお話です。

コンクリートや石積み、ブロックなどの土留めの擁壁(ようへき)があって、
一見すると、そのままで建物を建てられそうなのですが・・・

数十年前に造られたこうした擁壁の場合、よくよく調べてみると、
擁壁にひび割れやズレが生じていたり、本来必要な届け出や検査がなされていない
ことがあります。(というか、ほとんどがそうです)


このような道路や隣地と高低差のある敷地を「がけ地」と言います。
兵庫県の建築基準条例の「がけ地」の定義では
「地表面が水平面に対し、30度を超える角度をなす土地」となります。


すでに当社にお声がけいただく前に、仲介業者さんや他の建築会社さんから説明を受けられ
ある程度はご理解されていることが多いのですが、

「木造住宅は建てられないって聞きました」

こんな誤解を持たれているケースもあります。

 

そこで今回は「がけ地」における建築の注意点をご紹介します。


建築に携わる方ならご存知ですが、「がけ地の安全措置」についての記述は
兵庫県の建築基準条例に記載されています。


「がけ地の安全措置」兵庫県の建築基準条例に記載


この条例、よく「がけ条例」とも呼ばれていますが、
みなさんも知っておくと、土地選びの際に役立つと思います。

 

記述は第1章の2(第2条)にあります。
記述は第1章の2(第2条)

要約すると、

「がけ地で建築する場合は、原則としてそのがけから建物まで、一定距離離しなさい」
となります。これは万一がけが崩れても、建物に被害が及ばないようにとの措置です。


要約すると、「がけ地で建築する場合は、原則としてそのがけから建物まで、一定距離離しなさい」ということ


ただし書きの「安全な擁壁」とは、ちゃんと申請や検査を終えた(検査済み)、
もしくは構造計算などで安全性を立証できる擁壁ということです。

 

この離隔距離ですが、結構厳しいのです。

冒頭で取り上げたひな壇状の土地の場合、
敷地と道路、敷地と裏の隣地との高低差は
それぞれ5M近くあります。

ということは、それぞれのがけからの離隔距離は
高さ5M×1.5倍=7.5M以上 
を確保しなければなりません。

 

よほど広い敷地ならクリアできるかもしれませんが、
ほとんどの個人住宅用の敷地では現実的ではありません。

 

そこで実務的に私たちは、第2条の後半部分にある、
「ただし・・・建築物の用途により、安全上支障がない場合においては、この限りでない」
を用いて計画することになります。

 

一つ目はがけに影響のないように、がけの下から30度をなす角度まで基礎を下げます。


「ただし・・・建築物の用途により、安全上支障がない場合においては、この限りでない」①

 

杭の仕様や形状にもよりますが、下図の場合(要協議)もOKでした。


「ただし・・・建築物の用途により、安全上支障がない場合においては、この限りでない」②

 

二つ目は、隣地が高いケースで対応することが多いのですが、
万一、がけが崩れても、建物側に堅牢な壁を設けることで
住人に被害が及ばないようにする考え方です。


隣地が高いケース
建物をがけに近づける場合、がけの中心から1:1.5のラインを引き下げ、
その高さまで「堅牢な壁」を立ち上げることになります。

木造住宅の場合、三和建設では鉄筋コンクリートの基礎を立ち上げて対応しますが、
構造的な考え方も変わりますし、立ち上げたコンクリート部分にも断熱施工が必要で
施工が複雑になり、コストも相応にかかることになります。

住宅会社によっては標準的な納まりから外れるため、対応できない場合もあるようです。

 

そこでおススメしたいのが「鉄筋コンクリート造」です。

木造住宅では複雑な納まりが必要ですが、
RC住宅なら構造体全てが堅牢な鉄筋コンクリート造なので
ほぼそのままでクリアできます。


隣地が高いケース おすすめは鉄筋コンクリート



今回は兵庫県の「がけ条例」について触れてみました。
もちろん敷地毎に固有の条件があって、通り一遍では行かないこともあります。

「掘り込みガレージ付きRC住宅、造成込み○○○○万でできますか?」

同様の事例は多く手掛けていますが、
「やって(図面を描いて積算)みないとわからない」のが本音です。

 

気になる候補地があれば、まずはご相談ください。
鉄筋コンクリート技術者の目で、お応えいたします。


鉄筋コンクリートの家

 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

「国道沿いでもこの静けさ」・・・実証!RC住宅の音環境

おかげさまで創業52年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。
  

みなさんこんにちは
RCギャラリースタッフの松田です。

日頃より体調管理には留意していたつもりなのですが・・・
先日39.2度の熱が出てしまい、体のだるさと頭痛がひどく
「もしかして、3歳の時にかかったきりのインフルエンザ?」
と病院で検査してもらいました。

検査の結果は幸いにも陰性でしたが、扁桃炎を起こしているとのこと。
熱が39度まで出ると、さすがにしんどかったです。
その日は大事をとって一日お休みをいただき、おとなしく療養しました。

三和建設の社内ではインフルエンザが猛威を振るっております。
これから2月にかけて、感染者の数がピークを迎えるようです。
体調を崩しやすい時期なので、皆様どうぞお体に気をつけてお過ごしくださいませ。

 

 

さて、本日取り上げるのは「音環境」についてです。


RC造の魅力は、“高いデザイン性” “快適性” “耐震性” “耐火性” “耐久性” etc、
様々なものがありますが、私が現在モデルハウスに勤務していて一番感じるのは、“遮音性”です。

RCギャラリー西宮は交通量の多い国道171号線に面していて、
建築前は、「騒音や振動は大丈夫?」と心配していました。


RCギャラリー西宮は交通量の多い国道171号線沿い


しかし、昨年5月のオープンから実際に勤務して、まもなく9ヶ月が経ちますが、
モデルハウスの中は、外の喧騒を忘れるほど静かなんです。

お越しいただいたお客様をご案内していると、
「すぐそばに171号線のような幹線道路があるとは思えない」
といったお言葉を良くいただきます。


一般的にRC造の遮音性については、「約50dB音を遮る」と言われています。

「50dB」と言われても、ピンと来ない方がほとんどだと思いますので、
目安となる騒音について、表を作ってみました。


騒音の目安


例えば、RCギャラリー西宮前の国道171号線であれば
「交通量の多い道路」なので、騒音値は約80dBとなります。
先述のように、RC造の建物は「約50dB音を遮る」ので
モデルハウスの室内は約30dB、「郊外の深夜・ささやき声」程度まで静かになります。

実際にBGMが流れるリビングでお話をうかがっていても
外の音が気になることはまずありません。

 


また「外からの音を遮る」=「室内の音を外に漏らさない」ことでもあるので、
音楽ルームやシアタールームなどを設けるのにも適していると言えます。

 

「外からの音を遮る」=「室内の音を外に漏らさない」


日本建築学会が発表している騒音の許容値では、
日常生活では25~35dBぐらいまでが“非常に静か”だと感じるレベルだと発表されているので、
「約50dB音を遮る」RC造は、音環境に関してかなり優れている工法と言えます。


日本建築学会 各種用途における室内騒音の許容値 参照


と、ここまで書いてきてなんですが・・・

「暑い、寒い」「うるさい、静か」といった感覚は、
ご自身が実際に体感しないとわかりづらい部分だと思います。


「百聞は一見にしかず」

ぜひ、RCモデルハウス「RCギャラリー西宮」にお越しいただき、
その性能を体感していただければと思います。

 

※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら
※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

やっぱり気になる?・・・「家相」のはなし

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。

 

みなさんこんにちは
RCギャラリースタッフの松田です。

先日は友人の結婚式に行ってきました。


先日は友人の結婚式


新郎とは小学生時代からの友人で、同じサッカー部、家も隣ということもあり、
本当に感慨深い結婚式でした。


その後、結婚式の二次会にてビンゴゲームがあり、40人程の参加者がいたのですが、
なんと、私が1等賞の東京ディズニーリゾートを引き当ててしまいました!!


1等賞の東京ディズニーリゾートを引き当ててしまいました!!


おめでたい席で、嬉しいプレゼント!
今年も良い1年で締めくくることができそうです。

 

 

 

さて、本日取り上げるのは「家相」についてです。


先日、お客様からご提案中の間取りにご相談がありました。
そこであらためて「家相」について、先輩や書籍、ネットで調べてみました。

ちなみに「家相」とは、家の位置・方角・構造などの点から
その家に住む人の吉凶を判断するために用いられるものです。

その歴史は古く、由来については諸説ありますが、
大きく分けると以下の3つがあげられるようです。

① 中国より伝わった陰陽五行説からきたモノ
② 日本人の経験によるモノ
③ 物理的、合理的な理由によるモノ

どれが正解といったこともないのですが、
私は住宅建築の会社に勤めているということもあって、
個人的には③の考え方がしっくりきます。


例えば、トイレの配置ですが、
家の中心に配置した場合、ご主人が病気になりやすいとあります。

現代ならトイレに流した汚物は、排水管を通って下水の最終処理場まで辿り着きますが、
昔なら便槽に溜めておく「汲み取り式」が一般的。これを肥料として田畑に撒いたりしていました。
トイレが家の中心になれば、便槽も中心になります。
臭いや菌が充満しないように真ん中は避けるという意図があるようです。


また表鬼門、裏鬼門と呼ばれる北東、南西の配置も同じようなことがあります。


やっぱり気になる?・・・「家相」のはなし

 


断熱性能の乏しい昔の家は、北東は日当たりが悪くて寒いので、
お風呂やトイレを設けるとヒートショックによる脳卒中や心筋梗塞を起こしやすくなります。

また南西は、夏は西日の影響で室温が上昇し、菌が繁殖しやすくなり
トイレなら匂いが、キッチンなら食べ物が傷みやすくなります。
また日本では、南西の風が吹きやすいため、家中に臭いが流れてしまいます。

これらの理由から、この方位には主に水廻りは避けるようにと言われているようです。
古くから家を建ててきた人々の知恵が詰まっているのを感じます。

現在では、高気密・高断熱の家が当たり前となり、トイレも水洗となっていますので、
昔ほどは気にしなくてもいいのかもしれませんが、それでも家相が全く的外れとも言えません。


この他にも、方位や配置、建物形状によって様々な吉区が細かく定められています。

 


家相八方位吉凶一覧



気になって、多くの家に関わってきた設計スタッフにも聞いてみました。

曰く、鬼門を外すことはできても、お客様のご要望を満たしながら
全ての方位を満足するのは困難だそうです。

それでも気にされるお客様には、専門の方に見ていただくことをお奨めしていますとのことでした。
また反対に「家相は全く気にしない」方もいらっしゃるようです。

みなさんがマイホームを考える時はいかがでしょうか?
私もそうですが、ほとんどの方が「そうはいっても、やっぱり気になる」のでは?

家相に基づいていろいろ間取りを考えたけれど、満足のいくものができないという方には、
方角に関する災いを防ぐ「方違神社(ほうちがいじんじゃ)」さんや
風水や家相、鬼門の凶相がすべて無くなるという出雲大社の「出雲屋敷」さんへ
お祀りされるのもいいかもしれません。

そんなふうに建築主が時間をかけて考えて建てた家なら
素晴らしい家に違いないはずです。



※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら

※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。

免震装置のない免震工法・・・『SP免震基礎工法』現場リポート

おかげさまで創業51年。私たちは兵庫・宝塚の鉄筋コンクリート技術者集団です。


こんにちは。
RCギャラリースタッフの松井です。

今回は、私が担当している高槻市内で建設中の現場より、
免震装置のない免震工法『SP免震基礎工法』の施工の様子をお伝えします。

こちらの建物は、いつもの『RC造』ではありませんが、
全棟構造計算で耐震性能に優れた『SE構法』で建てる“重量木骨の家”となっています。
→ 重量木骨の家はこちら

 

三和建設では、お客様のご要望や各種法規制(今回は都市計画道路の建築制限)によって
鉄筋コンクリート造や鉄骨造はもちろん、木造の在来工法やSE構法など幅広い工法を扱っております。

私は『RC造』のモデルハウスに勤務しており、いつもはRCに関するお問合せに対応することが多いのですが、
案件によっては他の工法がベストなケースもあり、木造住宅を担当することもあります。
「RCはちょっと・・・」
そんな方もぜひご相談ください。



今回は、耐震工法である「SE構法」と免震工法の『SP免震基礎工法』を組み合わせた住宅となっています。

 

SP免震基礎工法は、ゴムやダンパーなどの免震装置の無い世界初の免震基礎です。


SP免震基礎工法は、ゴムやダンパーなどの免震装置の無い世界初の免震基礎です。
SP免震基礎工法 近畿圏総代理店 株式会社 清晨HPより

国土大臣認定の地盤支持杭「bDパイル」という鋼管杭を少し固い地盤まで打ち込んで
家を支えるのと同時に鋼管杭のしなりを利用して地盤の揺れを大幅に削減します。

 

現場ではのぼりが立つ中、「bDパイル」鋼管杭の施工中でした。

現場ではのぼりが立つ中、「bDパイル」鋼管杭の施工中①


現場ではのぼりが立つ中、「bDパイル」鋼管杭の施工中②


現場ではのぼりが立つ中、「bDパイル」鋼管杭の施工中③


一般的な鋼管杭の場合、杭打ち専用の「建柱機」を使用しなければなりませんが、
『SP免震基礎工法』の杭施工には、建設現場でよく見かける「バックホウ」を使用します。

作業スペースやコストも抑えられるのも『SP免震基礎工法』の大きな特徴です。

 

先頭の杭先はドリル状になっており、こちらをバックホーで回転させながら地中に挿入します。

先頭の杭先はドリル状になっており、こちらをバックホーで回転させながら地中に挿入


事前の調査によると、こちらの現場の支持層は約16Mの深さにあります。
支持層が深い場合、現場ではその都度鋼管を溶接で繋いで、支持層まで到達させます。

支持層が深い場合、現場ではその都度鋼管を溶接で繋いで、支持層まで到達させます。


杭工事は建物が建てば見えなくなる部分ですが、建物にとっては非常に重要な部分です。
今回は集成材と接合金物によって驚異的な耐震性能を持つ『SE構法』に
“揺れ を受け流す”『SP免震基礎工法』を組み合わせることで、災害に強い住まいとなるはずです。

できることなら、その効果が発揮されるような災害が起こらなければいいのですが、
西日本では近い将来、「南海トラフ巨大地震」がやって来ると言われています。


「油断せず正しく恐れる」

今はあきらめず、出来る対策を怠らないことが大事だと思います。

 


※RCギャラリー西宮に関するブログはこちら

※RCギャラリー西宮 「モデルハウスのご案内」は こちら 

兵庫・大阪で建てる高品質&ローコストのデザイン注文住宅。
「ビルトインガレージのある家」「屋上テラスのある家」「耐震住宅」をRC住宅で叶える。
宝塚・尼崎・西宮・芦屋・神戸の鉄筋コンクリート住宅なら三和建設。